淡水貝類研究会

ヤマトカワニナ(撮影:松田 征也)

 海の貝は色彩が鮮やかで,またその形も多様で,昔から多くのコレクターの注目を浴びてきました。しかし,淡水にすむ貝類は色彩も地味で目立たないためか,研究者も少なく,その生態や分類もまだわからないことが沢山あります。そこで淡水貝類に興味のある人たちが集まって,この研究会を設立しました。この会の目的は,カワニナ類など淡水域や汽水域に生息する貝類に関する基礎生物学的および応用生物学的研究等を通じて,自然保護活動並びに学術文化の発展と活性化に貢献することです。
 会員相互の情報交換と勉強をかねて,毎年10月頃に研究集会を開催しています。入会を希望される方は,氏名と連絡先(電子メールアドレスと住所)を電子メールで事務局までお知らせください。

会 長:西脇 三郎(筑波医療技術短期大学部名誉教授)
幹 事:近藤 高貴・高見 明宏

事務局メールアドレス:kondo■cc.osaka-kyoiku.ac.jp
(迷惑メール防止のため@を■にしています。送信の際には半角の@を入れてください)


過去の研究集会のプログラム

日本産イシガイ類図鑑(2015年10月22日改訂)

カワニナ文献リスト(2014年9月12日改訂)

淡水貝類レッドリスト(環境省 2012年8月28日公表)


2015年10月22日更新