第5回インターネットの教育利用の現状に関する調査



. [インターネットと教育] [URL登録] [学校一覧] [大阪教育大学] .
2000322 日(水)

この調査の目的と趣旨(メールでお送りしたものです)

質問項目は22項目あります。回答は選択式で10分以内で 終わると思いますので、ご協力よろしくお願いいたします。 A: 環境・設備に関して   6問 B: 教育・学習情報に関して 4問 C: 交流・共同学習に関して 4問 D: 運用体制に関して    4問 E: 回答者に関して     4問


[A]学校のWWWページ及び設備 A−1 学校の所在地(都道府県)、校種を選んでください。 北海道青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川新潟 富山  石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重  滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡  佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島沖縄 その他

1) 高等学校 2) 中学校 3) 小学校 4) 盲・聾・養護学校 5) その他 複数の校種にまたがるページを管理されている場合は、 最も関係の深いものを1つ選んでください。 A−2 学校の規模を児童・生徒数でお答えください。 1) 1〜  2) 50〜  3) 100〜  4) 150〜  5) 200〜  6) 250〜  7) 300〜  8) 400〜  9) 500〜 10) 600〜  11) 700〜 12) 800〜 13) 900〜 14)1000〜 15)1100〜  16)1200〜 17)1300〜 18)1400〜 19)1500〜  A−3 あなたの 学校 はインターネットに何らかの形で 接続 されて     いますか。次の中から最も当てはまるものを1つ選んで下さい。 1) 学校はインターネットに接続されていない 2) 公衆回線(ダイヤルアップ、アナログ)で接続 3) 公衆回線(ダイヤルアップ、ISDN)で接続 4) 専用回線(64kbps以上、INS64、OCNエコノミーなど)で常時接続 5) 高速専用回線(1.5Mbps以上、デジタル専用線、CATV、衛星など)で常時接続 6) その他(具体的に) A−3で 1) を選択された方は、Bに移動してくださいA−4 あなたの 学校 にはインターネットに接続されている     パーソナルコンピュータが 何台 ありますか。 1)   0台 2)   1台 3) 〜 3台 4) 〜 5台 5) 〜10台  6) 〜20台 7) 〜30台 8) 〜40台 9) 〜50台 10) その他(具体的な数) A−5 あなたの 学校 にはインターネットを授業で利用できる教室が 何室 ありますか。     (普通教室・特別教室・図書室・コンピュータ教室など) 1) 0室 2) 1室 3) 2室 4) 3室 5) 4室  6) 5室 7) 6室 8) 7室 9) 8室 10) その他(具体的な数) A−6 あなたの 学校 でインターネットを利用する場合に、設備などの面で     特に障害になっていることは何ですか。主なものを 2つ 選んで下さい。 1) 保守運営費用が不足し、システムの維持(障害対応、システム更新)が十分できない 2) 回線接続費用が不足し、接続時間が十分に確保できない 3) 回線接続費用が不足し、回線容量(アクセス速度)が不十分である 4) 校内ネットワークが未整備で利用できる場所が限定されている 5) インターネットに接続できるコンピュータの数が不足している 6) インターネットに接続できるコンピュータが古く機能が不十分である 7) WWWサーバが校内になく、ホームページの運用が容易でない 8) メールサーバが校内になく、メールアカウントの発行が自由でない 9) その他(具体的に)


[B]教育・学習情報(リソース) B−1 「教育・学習に関連するWWWページの情報」をどのようにして     探すことが多いですか。主なものを 2つ 選んで下さい。 1) 書籍(イエローページ)、雑誌 2) メーリングリスト、メールマガジン 3) ネットニュース、BBS・会議室・フォーラム 4) 一般的なディレクトリサービス(yahooなど) 5) 一般的なサーチエンジンサービス(gooなど) 6) 学校向けディレクトリサービス(インターネットと教育など) 7) 学校向けサーチエンジンサービス(学校検索など) 8) その他(具体的に)

(注:ここでのサーチエンジンサービスとは、ロボット収集による  全文検索システムによるものを指しています。カテゴリに分類  されたリンク集はディレクトリサービスと呼ぶことにします。) B−2 インターネット上で不足していると思われる教育・学習情報は何ですか。     主なものを 2つ 選んで下さい。 1) 共同学習企画・催物案内 2) 国内・国際交流先紹介 3) 実践事例報告・学習指導案 4) 図書館・美術館・博物館情報 5) 画像・統計資料(素材) 6) 電子教科書・参考書 7) 教育用ソフトウェア 8) その他(具体的に) B−3 WWWで教育・学習情報を利用する場合、どんな点に困難を感じますか。     主なものを 2つ 選んで下さい。 1) 必要な教育用の情報が存在しない 2) 過剰な情報からの取捨選択が困難 3) 情報が頻繁に移動、変更されている 4) 情報が外国語のままである 5) 情報の信頼性に不安がある 6) 児童生徒に不適切な情報を排除できない 7) 教育効果がうまく評価できない 8) その他(具体的に) B−4 WWWで学校から情報を発信する際に障害になっていることは何ですか。     主なものを 2つ 選んで下さい。 1) 校内の組織が未整備である 2) 発信内容の承認手続きが面倒 3) プライバシーの保護からの制約 4) 著作権からくる発信内容の制約 5) コンテンツの作成・更新に手間がかかる 6) WWWページへアクセス・応答が少ない 7) 教育効果がうまく評価できない 8) その他(具体的に)


[C]交流・共同学習(メディア) C−1 インターネットを用いた、交流・共同学習を行ったことが     ありますか。主なものを 2つ 選んで下さい。 1) なし 2) 校内のクラス、学年間で 3) 地域(同じ自治体)のクラス・学校と 4) 地域の学校外の人々(社会人、学生など)と 5) 国内(県外)のクラス・学校と 6) 国内の学校外の人々と 7) 海外の学校や人々と 8) その他(具体的に) C−2 あなたの学校では、教職員にメールアカウントがいくつ発行されていますか。     発行数を以下から選んでください。     (グループアカウントも1つとし、私的なものは含めません) 1)   0  2)   1  3) 〜 3  4) 〜 5  5) 〜10  6) 〜15  7) 〜20  8) 〜25  9) 〜30 10) 〜35 11) 〜40 12) 41〜 13) その他(具体的に) C−3 あなたの学校では、児童・生徒にメールアカウントがいくつ発行されていますか。     発行数を以下から選んでください。     (グループアカウントも1つとし、私的なものは含めません) 1)   0  2)   1  3) 〜 5  4) 〜 10  5) 〜 20  6) 〜 30  7) 〜 40  8) 〜 50  9) 〜100 10) 〜200 11) 〜300 12) 301〜 13) その他(具体的に) C−4 電子メール、電子掲示板などによる交流・共同学習を進める際に     何が障害となりますか。主なものを 2つ 選んで下さい。 1) メールアカウントが不足している 2) 交流・共同学習の相手が見つからない 3) 言葉・習慣・時間の壁がある 4) 意思疎通ができず、交流が長続きしない 5) 児童・生徒のプライバシーが保てるか不安 6) いやがらせ、広告などが防げない 7) 教育効果がうまく評価できない 8) その他(具体的に)
[D]運用体制 D−1 あなたの地域あるいは学校で作成されているネットワーク     利用ガイドラインは、活用の実態と比べて適当ですか。 1) ガイドラインはない 2) ガイドラインを作成中 3) 制約が多い 4) やや制約がある 5) 制約は少ない D−2 あなたの学校の教員のうち、 学校で インターネットを     利用している人は何割程度でしょう。 1) 0〜2割程度 2) 2〜4割程度 3) 4〜6割程度 4) 6〜8割程度 5) 8〜10割程度 D−3 あなたの学校の教員のうち、 授業の中で インターネットを     活用している人は何割程度でしょう。 1) 0〜2割程度 2) 2〜4割程度 3) 4〜6割程度 4) 6〜8割程度 5) 8〜10割程度 D−4 インターネットの活用を進めるためには、人の問題が     重要ですが、どのような方法が望ましいと思いますか。     主なものを 2つ 選んで下さい。 1) 情報教育担当教員の配置 2) ティームティーチング 3) 教育センタースタッフの充実 4) 企業SEなどの派遣 5) ボランティアとの協力 6) 学生アルバイトの活用 7) 校内外の研修の充実 8) その他(具体的に)
[E]回答者 次の中から最もよく当てはまる番号をそれぞれ1つ選んで下さい。 E−1 年齢 1) 〜25才  2) 〜30才  3) 〜35才  4) 〜40才  5) 〜45才  6) 〜50才  7) 〜55才  8) 56才〜 E−2 所属 1) 小学校教員  2) 中学校教員  3) 高等学校教員  4) 盲・聾・養護学校教員  5) 学生、生徒、児童  6) PTA、学校関係者  7) その他(具体的に) E−3 担当の(または関心のある)教科 1) 国語  2) 社会  3) 算数/数学  4) 理科  5) 音楽  6) 図画工作/美術  7) 保健体育  8) 技術・家庭  9) 英語 10) 農林水産系 11) 工業系 12) 商業系  13) その他(具体的に) E−4 関心のあるキーワードで、主なものを 2つ 選んで下さい。 1) 接続環境・校内LAN設備 2) セキュリティ・ガイドライン 3) モラル・メディアリテラシー 4) 教員研修・校内組織 5) 情報教育・総合的な学習 6) 教科教育・学習環境 7) カリキュラム・評価 8) 共同学習・プロジェクト 9) その他(具体的に)
[F] ご意見、ご感想などがありましたら自由にお書き下さい。

     (注)回答者のメールアドレス メール:
     (注)回答者のご氏名 お名前:
     (注)回答者の学校名 学校名:

      

お忙しいところ、ご協力どうもありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
--
〒582-8582 大阪府柏原市旭ケ丘4-698-1
大阪教育大学 理科教育講座 越桐國雄
Phone: 0729-78-3373 (ダイヤルイン)
Fax  : 0729-78-3366 ( 共通事務室 )
Email: koshi@cc.osaka-kyoiku.ac.jp
http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/educ/

[インターネットと教育] [URL登録] [大阪教育大学]

このページのアクセス回数はcounterです(2000.3.22〜)
ご質問、ご指摘、ご意見などは下記のアドレスまでお気軽にどうぞ。
koshi@cc.osaka-kyoiku.ac.jp