TeX について


TeX は、アメリカ・スタンフォード大学の元教授 Donald E. Knuth が開発した組版システムである。 LaTeX は Leslie Lamport が TeX の上に構築した文書処理システムである。 TeX は、通常「テック」または「テフ」と読む。 同様に LaTeX は「ラテック」「ラテフ」などと読む。 TeX や LaTeX は、数式表現を得意とするワープロソフトとして利用できる。 普通のワープロは、モニター画面を見ながらリアルタイムに文字や図形の位置を設定していく。この方式を WYSIWYG (What You See Is What You Get) と呼ぶ。 TeX や LaTeX は、文書の中にコマンドを埋め込む事で、文字や図形の位置をソフトに計算させる方式を取っている。 HTML 言語で書かれるホームページもこの方式である。 これらは、マークアップ方式と呼ばれている。 HTML 言語で書かれた文書が世界中のいろいろな種類のコンピュータで表示することができるのと同じように、TeX や LaTeX で書いた文書は、コンピュータの機種や OS に依存することなく利用することができる。

LaTeX (TeX) は、複雑な数式が簡潔に記述でき,しかも写植工の技術が取り込まれており、仕上がりは非常に美しい。 文字種が豊富で,欧文においてのハイフネーションやリガチャー、和文における禁則処理なども自動的に行う。このため、文書のレイアウトに気を取られる事なく執筆作業ができる。もちろん意図的にレイアウトの細かな調整をすることも可能である。 さらに、章や節の番号付けや参考文献の番号付けを自動的に行わせることが可能である。すなわち、編集や校正の途中で章や節が増えたり減ったりしても、その前後の番号をすべて揃え直してくれる。 しかも、相互参照の機能により、参照部分のもとの番号がずれても、 それに合わせて参照先の番号をずらしてくれる。

LaTeX のコマンドを用いて文章を構成していくことは、 一種のプログラムを書いていくことと似たところがある。 プログラムの中に間違いが一箇所でもあると、 そのプログラムは意図した動作をしてくれない。 それどころか、プログラムが実行できなかったり、まったく違った動作をすることがある。 LaTeX もそれと同じで、コマンド部分に論理的な間違いがひとつでもあると、 文章を表示することすらできないことがよくある。 自分の欲しい出力が得られるまで、 文書を修正し LaTeX にかける、という操作を繰り返すことが必要である。

LaTeX は、それ自体では図形の描画機能が乏しい。 複雑な図が必要な場合には別のソフトで作成し、 それを LaTeX の文章中に取り込むという操作が必要である。

配布はフリーソフトウェアの形を取っており,基本的には無料。 ソースも公開されている。 日本では、 日本語の文字を扱えるようにしたもの (pTeX, pLaTeX など) が使われている。 LaTeX は TeX より便利なため普及し TeX と言っても実際には TeX ではなく LaTeX を使っている場合がほとんどである。当初のバージョンは LaTeX 2.09 であったが,その後改造されたマクロ(SliTeX や AMS-LaTeX 1.1 等)の増加による混乱を解決するため, LaTeX3 プロジェクトチームと共に改良を加え,新しいバージョンの LaTeX2e になった。現在「LaTeX」と言えば,新バージョンの「LaTeX2e」を指す事が多い。

参考文献

その他


2003/8/30
Eiichi Nakai
Osaka Kyoiku University
enakai@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

counter