▽沿  革


昭和50年4月  大阪教育大学データステーションの設置.OKITAC4500Cを導入し、
         大阪大学大型計算機センターのリモート端局として発足.

昭和53年3月  PANAFACOM U-400を設置.

昭和59年3月  PANAFACOM U1200を設置.

昭和63年3月  情報教育システムMacintosh U 40台を設置.池田分校に情報処
                理教育実習室を設置.

平成2年3月  ワークステーション S/4−330 2台を設置.

平成3年12月  大阪教育大学情報処理センター発足.
               (天王寺キャンパスの旧データステーションに仮開設)

平成4年2月  柏原キャンパス計算機システムとして汎用計算機M−770/6,ワー
                クステーションS/4―630などを設置.

平成4年2月  柏原キャンパス開校.
                情報処理センターを共通講義棟内(A-205)に開設. 
                また,天王寺キャンパスの旧データステーションに分室を設置.

平成6年3月  キャンパスネットワークの幹線にFDDIを導入.
        天王寺キャンパスに情報処理教育実習室を設け,FM-Towns 50台を
                設置.

平成8年3月  情報処理センタ−建屋の竣工.計算機システムを高速計算サーバ,
                アプリケーションサーバなどに更新.キャンパスネットワークに
                ATMネットワークシステムを導入.

平成12年2月  計算機システムを更新.高速計算/アプリケーションサーバ,ファ
                イル/メール/ニュースサーバなどのサーバ機の中核にスイッチング
                コンセントレータを配置し,システムの高速化を図る.

平成12年12月    天王寺分室を中央館5Fに移設.
        情報処理自習室((小規模教室として運用)を併設.

平成13年4月    ネットワークのギガビット化,セキュリティー強化.無線LAN導入.

平成17年3月  計算機システムを更新.ネットワークの一部を更新.オープン利用
                環境整備.ビデオ配信型eラーニングシステム導入.
                遠隔講義型および学習管理型eラーニングシステム導入.

平成21年3月  計算機システムを更新.ネットワークの一部を更新.オープン利用
                環境整備.キャンパス間のネットワークの増速化.スイッチングコ
        ンセントレータの更新.システムの高速化を図る.