学術認証フェデレーション(学認)の利用について

大阪教育大学は,学術認証フェデレーションに参加しています。本学構成員は,他の学術機関(大学,研究所,出版社など)の様々なサービスが本学(情報処理センターが発行する)のIDとパスワードでログインできます。

概要

学術認証フェデレーションとは,学術e-リソースを利用する大学,学術e-リソースを提供する機関・出版社等から構成された連合体の事です。 各機関はフェデレーションが定めた規程(ポリシー)を信頼しあうことで、相互に認証連携を実現することが可能となります。

認証連携を実現することができれば、学内でのシングルサインオン(一つのID・パスワードであらゆるシステムが利用可能であること) を実現することが可能になるとともに、他大学や商用のサービスにおいても1つのパスワードを利用し、かつID・パスワードの再入力を行わずに利用できる環境を実現することができます。
学術認証フェデレーション より引用)

学認の利用方法

接続マニュアル(クリックで開きます)

学認が利用できるサービス(Service Provider,SP)について

現在利用可能なサービス一覧

以下の表のサービスが利用できます。
学認ポータルサイト(クラウドゲートウェイ)の利用が便利です。

各システムの利用方法に関する相談は,学内担当組織にお問い合わせください。

ネットワーク サービス
提供機関/ サービス名称説明学内担当組織
国立情報学研究所/ クラウドゲートウェイ 利用可能なサービスを一覧で表示するサービス。
グループを作成してメンバーでの情報共有もできる。
情報処理センター
国立情報学研究所/ NII meatmail クラウドゲートウェイと連携したメーリングリストサービス情報処理センター
国立情報学研究所/ NII meatwiki クラウドゲートウェイを連携したWikiサービス情報処理センター
アットウェア/ しぼすけ クラウドゲートウェイと連携したスケジュール調整サービス情報処理センター
国立情報学研究所/ NII FileSender 大容量ファイル転送サービス情報処理センター
国立情報学研究所/ FaMCUs テレビ会議用MCU(Multipoint Control Unit,多地点接続装置)サービス
専用装置でビデオ会議を行う際に,3拠点以上の接続も可能にする。
情報処理センター

E-Learning サービス
提供機関/ サービス名称説明学内担当組織
国立情報学研究所/ 国立情報学研究所 学認連携 Moodle 講習サイト NIIの提供する情報リテラシー等の学習コンテンツ情報処理センター
奈良教育大学/ 京阪奈三教育大学 e-ラーニングシステム 遠隔授業などの近畿地区教育大学連携に関わる学習コンテンツ情報処理センター

電子ジャーナル・電子ブック・データベース サービス
提供機関/ サービス名称説明学内担当組織
EBSCO/ EBSCO host 左記サービスの利用方法については,附属図書館までお問い合わせください。附属図書館
Elsevier/ Scopus附属図書館
Elsevier/ ScienceDirect附属図書館
John Wiley & Sons/ WILEY ONLINE LIBRARY附属図書館
国立情報学研究所/ CiNii附属図書館
丸善雄松堂株式会社/ Maruzen eBook Library附属図書館
Nature Publishing Group/ Nature Publishing Group附属図書館
株式会社ネットアドバンス/ ジャパンナレッジLib附属図書館
Oxford University Press/ Oxford Journal附属図書館
ProQuest/ Ebook Central附属図書館
Springer/ SpringerLink附属図書館

情報基盤管理者 サービス
提供機関/ サービス名称説明学内担当組織
国立情報学研究所/ Shibboleth 1.3 属性表示サービス サーバ管理者向けサービスです。一般利用者の利用はできません。情報処理センター
国立情報学研究所/ Shibboleth 2.0 属性表示サービス情報処理センター
国立情報学研究所/ eduroam JP 申請システム情報処理センター
国立情報学研究所/ 学認申請システム情報処理センター
国立情報学研究所/ eduroamJP 認証連携IDサービス情報処理センター

学認サービスの追加について

現在使用ができない学認のサービスで,サービス追加依頼は,組織単位での受付となっております。
講座主任,事務局各課・室長又は部局長より情報処理センター長が承ります。
(一般利用者からは承っておりません。)
詳細については,情報処理センターまでお問い合わせください。

学認が利用できる対象者

学術認証フェデレーションのルールにより,利用は以下のアカウントに限ります。

本学に在籍する学生,教職員

非常勤講師,共同研究者,特別利用アカウントや,組織用アカウントでの利用はできません。