Google Authenticator / 認証システムアプリ 内データの引き継ぎ

1. 概要


2. アカウント情報の具体的な移行作業

  1. 下記のものを準備して下さい。

  2. (旧端末)
    Google Authenticator / 認証システムアプリ を開きます。
    GoogleAuthenticator_Logo

  3. (旧端末)
    Google Authenticator / 認証システムアプリ の右上に見える三点リーダー「…」をタップします。
    その後,それぞれ操作を行い,「アカウントのエクスポート」を行います。
    アカウントのエクスポート作業

  4. (旧端末)
    本人確認を行います。利用している端末によって,認証方法が異なります(パスコード,指紋認証,顔認証等)。
    アカウントのエクスポート作業

  5. (旧端末)
    エクスポートするアカウントを選択します。よくわからなければ,すべて選択された状態であることを確認します。 アカウントのエクスポート作業

  6. (旧端末)
    「このQRコードのスキャン」画面に進み,QRコードが表示されます。 この後,新端末を操作して,このQRコードの読み取り作業を行います。 旧端末はこの画面(QRコードが表示された画面)のままにしておき,新端末の操作に移ります。
    QRコードの生成

  7. (新端末)
    旧端末と同じように,Google Authenticator / 認証システムアプリ を開きます。 QRコードの生成

  8. (新端末)
    新端末でカメラが利用できるようになるので,旧端末に表示されたQRコードをスキャンします。
    QRコードの読み取り

  9. (新端末)
    QRコードが正しく読み取れると,エクスポート対象のアカウントの情報がインポートされます。 必要なアカウントが正しくインポートされていれば,移行作業は完了です。 QRコードのインポート完了

3. 注意点等


4. よくある質問

  1. 機種変更をして,古い端末を下取りに出してしまいました。 古い端末が手元にない場合には,移行作業はできますか?
    ご質問の時点で,ご自身のワンタイムパスワードが確認できるものが何もない場合には,初期化もしくは再度ワンタイムパスワードの設定を行う必要があります。 この場合,grapes等の学内Wi-Fiからの設定をご自身で実施していただくことになります。 ワンタイムパスワードを登録しようとするスマートフォンを学内に持参の上, 「統合認証システム・多要素認証の設定について」を参考に 再度設定を実施するようにしてください。


[統合認証システムの利用について] [統合認証システム・多要素認証の設定について]

[情報基盤センターTOP]

Last Update: 2021/Sep/10
大阪教育大学 情報基盤センター