Powered by SmartDoc

補足情報

学外からインターネット経由で、パソコンのメールソフトを使って大学のメールを読み書きする方法

自宅などからインターネット接続が可能な人は、適切に設定することにより、学外のパソコンのメールソフトから、大学のメールを読み書きすることができます。

メールソフトの設定方法は、以下の通りです。(ソフトにより、用語が多少異なります。)

設定項目 設定内容
メールアドレス (自分の大学のメールアドレス)
名前 (自分の名前)
受信メールサーバーの種類

(この項目がない場合は設定不要)
POP3
受信メールサーバー(POP3サーバー) nijo.ex.osaka-kyoiku.ac.jp
送信メールサーバー(SMTPサーバー) nijo.ex.osaka-kyoiku.ac.jp
アカウント名 (自分のユーザー名)
パスワード (自分のパスワード)

メール送信時の注意

学外からメールを送信する場合には、その前に必ずメール受信操作をしてください。(いきなりメールを送信すると、メールサーバーから拒否されます。)

あるいは、メールソフトによっては、オプションで「送信する前に受信する」あるいは「POP before SMTPを使用する」などの設定が可能な場合があります。この設定を有効にしておくと、受信操作なしで送信ができるようになります。(なお、Windowsの標準のメールソフトのOutlook Expressの場合、この設定は見あたらないようです。)

AL-Mail でサーバにメールを残すように設定する

AL-Mailとウェブメールを両方使用する場合には、AL-Mailでサーバにメールを残すよう設定しておきます。(→参考

以下の手順でおこなってください。

  1. AL-Mailを起動する
  2. メニューから「ツール」→「オプション」をクリック
  3. 「受信」タブをクリック
  4. 「受信したメールをサーバに残す」欄の□をクリックしてチェックマークをつける
  5. 「OK」をクリック