Powered by SmartDoc

情報処理センターの Windows パソコンの使い方についてのQ&A

情報処理センターのパソコンで使えるソフトは?

利用できるソフトの主なものを書いておきます。

ただし、パソコンごとに、利用できるソフトの種類やバージョンが多少異なります。詳しくは、情報処理センターの窓口でたずねてください。

情報処理センターのパソコンで、メールはできますか?

インターネット・エクスプローラなどのホームページ閲覧ソフト上からウェブ・メールが使えます。

情報処理センター以外からも自分のメールを読み書きできるウェブ・メールがおすすめです。

情報処理センターのパソコンは、どうやって起動するのですか?

情報処理センターのWindowsパソコンは、以下の手順で起動します。

  1. 電源を入れます。
  2. 「オペレーティングシステムの選択」画面になったら、[Enter]を押します。
  3. 「Windowsへようこそ」画面になったら、[Ctrl]キー、[Alt]キー、[Delete]キーを3つ同時に押します。
  4. 「Windowsへログオン」画面になったら、ユーザー名とパスワードを入力し、「OK」をクリックします。

情報処理センターのパソコンは、どうやって終了するのですか?

情報処理センターのWindowsパソコンは、以下の手順で終了してください。

  1. 画面左下隅の「スタート」をクリック
  2. 「シャットダウン」をクリック
  3. しばらく待つと、自動的に電源が切れます

いきなり電源を切るようなことはしないでください。最悪の場合、データやパソコンが壊れる可能性があります。

なんだかよく分からないが、パソコンの調子がヘン

いったんパソコンを終了してから再起動すると、たいていは直ります。

再起動しても直らない場合は、パソコンの故障の可能性があるので、情報処理センターの窓口に相談してください。

ソフトが固まってしまって動きません

固まって動かないソフトを、強制終了することができます。以下の手順でおこなってください。

  1. [Ctrl]と[Alt]と[Delete]の3つのキーを同時に押す
  2. 「タスクマネージャー」をクリックする
  3. タスクマネージャー(現在起動しているソフトの一覧)が表示されます
  4. 一覧から、「状態」欄が「応答なし」になっているものを探します。それが、固まっているソフトです。
  5. 「タスク」欄で、「応答なし」のソフトの名前をクリックして反転させる。
  6. 「タスクの終了」をクリック
  7. 「×」をクリックして、タスクマネージャーを閉じる

なお、動かないソフトの「状態」欄が「実行中」の場合、時間のかかる処理をしている場合があるので、しばらく待っていると操作できるようになる可能性があります。

「×」をクリックして、いったんタスクマネージャーを閉じ、しばらく待ってください。(それでもダメな場合は、上の方法で、問題のあるソフトを強制終了させてください。)

なお、ソフトを強制終了すると保存していないデータは全部消えてしまいます。

こういう時にそなえて、データはまめに保存しておきましょう。

パソコンが固まってしまって、全くキー操作を受け付けなくなりました

ソフトの強制終了の方法を試してみて、それでもダメな場合は、情報処理センターの窓口に相談して、直してもらってください。

パソコンの電源を強制的に切るようなことはしないようお願いいたします。(最悪、パソコンが故障する可能性があります。)

フロッピーディスクに保存したデータを読もうとすると、エラーが出て読めなくなってしまいました

ディスクが壊れている可能性が高いです。

別のパソコンのディスクドライブを使うと、読めることもありますが、それでもダメな場合は、あきらめるしかないようです。

フロッピーディスクは消耗品なので、いつかは必ず壊れます。重要なデータは必ずバックアップ(複製)をとっておくように心がけてください。

フロッピーディスクのバックアップはどうやってとるのですか?

情報処理センターのWindowsパソコンで、フロッピーディスクをコピー(複製)することができます。以下の手順でおこなってください。

注意:

  1. コピー元のディスクを、ディスクドライブに入れる
  2. デスクトップのマイコンピュータをダブルクリック
  3. 「3.5インチFD(A:)」の上でマウス右クリック
  4. 「ディスクのコピー」をクリック
  5. 「開始」をクリック
  6. 「コピー元のディスクを挿入して、[OK]をクリックしてください。」とメッセージが表示されるので、「OK」をクリック
  7. コピー元のディスクのデータを読み取るので、しばらく(1分程度)待つ。
  8. 「コピー先のディスクを挿入して、[OK]をクリックしてください。」というメッセージが表示されたら、ディスクを入れ替えて、「OK」をクリック
  9. コピー先のディスクにデータを書き込むので、しばらく待つ。
  10. 「コピーが正常に完了しました。」と表示されたら、「閉じる」をクリック
  11. ディスクを抜く

デスクトップに表示されているマイドキュメントの使い方

情報処理センターのパソコンのデスクトップに表示されている「マイドキュメント」のフォルダの中に置かれたデータは、情報処理センター内であれば、どのパソコンからも共通に参照可能です。(いわゆるネットワークフォルダと呼ばれるものです。)

例えば、あるパソコンで作成したデータを、「マイドキュメント」に保存しておけば、別のパソコンからも呼び出して使うことができます。(ただし、図書館など、情報処理センター以外のパソコンから、「マイドキュメント」内のデータを参照することはできません。)

各自のデータの保存場所として、自由に使ってもらってかまいません。

ただし、「マイドキュメント」フォルダに置かれたデータは、設定の仕方により、他のユーザーから読み取られる危険性があります。なので、ネットワークの知識に自信がない人は、人に見られて困るデータは置かない方がよいです。

情報処理センターのパソコンのマイドキュメントの中身を他のユーザーから読まれることはないのですか?

可能性としては、ありえます。

もっとも、適切に設定することにより、マイドキュメント内のデータを他のユーザーから読み取られないようにすることができます。ただし、この設定には、やや高度な知識(UNIXの知識)が必要になります。

初心者の人は、他人に見られて困るデータはフロッピーディスクなどで持ち歩くことにして、マイドキュメントには置かない方がよいです。

英字を小文字で入力したいのに、キーを押すとなぜか、大文字で入力されてしまいます

Shiftキーを押しながらCaps Lock(英数)キーを押してください。小文字で入力されるようになります。