パソコンを通常は「制限ユーザ(標準ユーザ)」で使用して下さい

 USBメモリ経由で感染するウィルスなどにパソコンが感染するケースが報告されています。
パソコンを「管理者ユーザ」のままで使用する場合が多く見られますが,
感染の危険性が高い状態といえます。

 そこで,安全のためソフトウェアインストール時以外は,
なるべく「制限ユーザ(標準ユーザ)」で使用していただきますようお願いします。
制限ユーザ(標準ユーザ)は以下のようにして作成します。


(1)Windows Xpの場合:

    「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「ユーザアカウント」
   →「新しいアカウントを作成する」→「新しいアカウントの名前の入力(T)」
   →「次へ(N)」→アカウントの種類を選びますで「制限(L)」にマーク
   →「アカウントの作成(C)」


(2)Windows Vistaの場合:

    「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「ユーザアカウント」
   →「ユーザアカウントの追加または削除」→「新しいアカウントの作成」
   →「新しいアカウントの名前の入力」→「標準ユーザ(S)」にマーク
   →「アカウントの作成」




[戻る]

[情報処理センターTOP]