家政教育の魅力

家政教育は、生活と関係が深く、学んだことをすぐに子どもの生活理解など教育実践につなげることができます。

様々な知識、技能を修得するだけにとどまらず、それを自分の世界にどのように活かしていくのか?という視点を持ちながら学習します。

家政教育講座の概要

家政教育講座では、家庭科教育学、食物学、被服学、(住居学)、生活経営学・(家族関係学)、保育学の6つの分野に分かれて研究・教育が行われています。
学部には中学校コースと小学校コースがあり、大学院には生活文化・生活科学コースと家庭科教育学コースがあります。学部では、3年時に中学校、小学校両コースの学生は各研究室に分属し、各分野の専門的な内容を学びます。4年生では、卒業論文に取り組む過程で個々に教員の指導を受けます。
所属教員の専門分野が広範囲にわたるため、多くの分野を幅広く学習できるのが大阪教育大学家政教育講座の大きな特徴です。


【オープンキャンパスのお知らせ】
平成27年度オープンキャンパスにおいて、家政教育講座をより深く知っていただくために模擬授業を行います。 「Kazokuとは何か」 小崎恭弘先生  12:30-13:10 10:30-11:10 (A-209) 模擬授業実施日 7月25日 専攻別ガイダンス 7月26日
多数のご参加をお待ちしています。

研究室一覧