大阪教育大学  国語教育講座  野浪研究室  戻る  counter

のなみのランダム俳句

awk cgiによるランダム生成
秋雨や猫をかまいて歩く梅雨 秋雨や冷たきズボン脱ぎにけり
帰り道猫をかまいて遅れけり
つま先を2センチあげて歩く梅雨
花金の下りる速さや苔の花 花金のパソコン売り場の人の数
階段を下りる速さや春の暮
水球に世を写しおり苔の花
生姜なき光るラピュタの新学期 生姜なきあんかけ豆腐妻若し
雷が光るラピュタの如き雲
白墨の粉の香りや新学期
欠伸する列車が夕日を南瓜かな 欠伸する猫は門番従えて
早帰り列車が夕日を追いかけて
食卓に三日続きの南瓜かな
への字から町の灯揺れて師走かな への字から力を入れて伸びる猫
和歌山の町の灯揺れて秋の海
自転車で通勤している師走かな