よくある質問(Q&A)

教育協働学科 理数情報専攻 自然科学コースについて、皆さんの疑問にお答えします(Q&A形式)

教育協働学科 理数情報専攻 自然科学コースについて

学校教育教員養成課程 理科教育コースとは、どの点が違うのでしょうか?

 教員養成課程は、主として教員(小学校~中学校)の養成を目的としています。授業も教員になるために必要な授業カリキュラムとなっています。
 一方、自然科学コースは、教員(中学校~高等学校)はもちろん、理系の専門分野や文理融合の分野で活躍できる人材育成を主な目的としています(詳しくはカリキュラムをご覧ください)。

自然科学コースの先生は、どのような研究をされていますか?

 自然科学コースは、他大学の理工系学部に匹敵するレベルの研究設備が整っています。教員は、その設備を利用して物理・化学・生物・地学をベースとした次世代機能性材料や生命科学、環境科学などの幅広い分野で最先端の研究を行っています。
 また学生は、3回生から研究室に分属し、最先端の研究を卒業研究で実際に行っています(詳しくは研究室紹介をご覧ください)。

どのような免許・資格が取れますか?

 自然科学コースは教育大学にあるため、教員免許取得のための環境整備が大変充実しています。
 そのためもあって、毎年多くの学生が「中学校理科」「高等学校理科」の教員免許を取得しています。ただし、小学校の教員免許は取得できません(小学校の教員免許を取得するには、教員養成課程に入学する必要があります)。
 他には、「図書館司書」などの資格も取得可能です。

進路について

卒業後の進路は?

 進路は、「中学校・高等学校教員」「教育支援活動」「企業・公務員就職」「大学院進学」を想定しています。これが、本学の教員養成課程や他大学の理学部と大きく違うところです(詳しくは卒業後の進路をご覧ください)。

学校の先生になれますか?

 もちろんなれます。自然科学コースでは、卒業生の多くが中学校や高等学校の先生として活躍しています。ただし、小学校の先生になるための教員免許取得はできません(小学校の教員免許取得希望の方は、教員養成課程に入学する必要があります)。

将来は、学校の先生か企業就職するかで迷っています・・・

 そのような方こそ、大阪教育大学 自然科学コースが向いています。
 自然科学コースでは、教員(中学校~高等学校)はもちろん、理系の専門分野や文理融合の分野で活躍できる人材育成を主な目的としています。入学当初は教員希望だった人が、専門の授業を受けるにつれて、その専門性を活かして、メーカー就職や大学院に進学してより専門性を深める方向に進路変更できるからです(もちろん、企業就職希望から教員になる方も多数おられます)。