地 理 学 報 第36号 石井孝行生退官記念号(2005)

石井孝行生略歴・著作目録

論 説
和歌山県南東部,泥質岩地域における河川営力と岩盤河床形態
                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・水野恵司・林育史・藤川隆之 (1)
オーストラリアNew South Wales州南部の波食棚の構成岩石とシュミットハンマー反発値
                                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・辻本英和 (11)
「都名所図会」の構成と本文にみられる諸特徴・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山近博義 (19)
赤目渓谷および養老・鈴鹿山地における滝の落差と滝壺の深さ・・・・・・・・・・・・・・・山田周二 (35)
佐賀県馬渡島における小中学生の生活空間認識の構造・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・今里悟之(41)
河内国北部の神社と地域・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・関口靖之 (57)
東アジア諸国の後期中等教育における地理教育の現況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・廣 嘉之 (67)
大阪からの国内交通・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・奥野一生(81)
スペレオロジー(カルスト学と洞窟学)問答(II)―洞窟の動・植物界、洞窟と人類・・・・守田優(113)

平成13・14・15年度修士論文および卒業論文要旨・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(131)

地 理 学 報 第35号 (2001)

論 説

アラフラ海ノ真珠貝に関する覚書−世界資本主義システムの水面下で−
・・・・・・・・・・・・・・・・・・松本博之 (1)
名古屋からの国内航空交通・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・奥野一生 (33)
奈良県香芝市屯鶴峯にみられる組織地形とその地理教材としての意義
・・・・・・・・・・・・・・・・・・鍛冶陽子 (53)
タイにおける対日輸出関連エビの養殖・加工の現状 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・林紀代美 (63)


資料
ナウマン(1885):日本列島の構造と生成について(邦訳・その3)
・・・・・・・・・・・・・・・山極二郎・守田優(79)

平成11・12年度修士論文および卒業論文要旨
彙報(教室・学会記事, 修士論文・卒業論文題目)



地 理 学 報 第34号 守田優先生退官記念号(1999)

守田優先生略歴・著作目録・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (1)

論 説
二成分粒径混合砂を用いたテイラス斜面形成に関する実験的研究
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石井孝行・東郷朝美 (17)
「かぜ」と身体 −トレス海峡諸島の「人」と「自然」−・・・・・・・・・・・・・・・・・・松本博之 (35)
DEMを用いた地すべり地域斜面発達の分析
−新潟県寺泊・椎谷層泥岩分布地域における例−・・・・・・・・・・・・・・・・・・・水野惠司(79)
近世名所案内記類の特性に関する覚書 −「京都もの」を中心に−・・・・・・・・・・山近博義 (95)
東京からの国内航空交通・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・奥野一生 (107)
草創期における紀州航路再考・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 克明 (129)
近代大阪府の道路と集落・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・関口靖之 (145)
韓国における道庁所在都市の現況 −春川を事例に−・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・廣 嘉之 (153)

資料
デービス(1908):自然地理学実習帳(その2)(邦訳)・・・・・・・・・・・・・・・山極二郎・守田優(167)

平成10年度修士論文および卒業論文要旨
彙報(教室・学会記事, 修士論文・卒業論文題目)

地 理 学 報 第33号 (1998)

論 説

小藩陣屋町「大和小泉」について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・米田藤博 (1)

日本におけるテーマパークの立地と展開・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・奥野一生 (15)

六甲山地小流域における岩石の風化と
河川水の化学組成の関連・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・三村富雄(37)

大阪府の小学校社会科副読本(2) ー第3学年内容2:
地域(市・区・町・村)の人々の生活と自然環境ー・・・・・守田優・増穂栄作(45)

資料

デービス(1908):自然地理学実習帳(邦訳)・・・・・・・・・・・・・山極二郎・守田優(61)

平成9年度修士論文および卒業論文要旨

彙報(教室・学会記事, 修士論文・卒業論文題目)

地 理 学 報 第32号 (1997)

論 説

和歌山県田辺市ひき岩群にみられる風化度と岩石物性………………水 野 恵 司 (1)

言葉と自然 一生態から風景への序説一 ………………………………松 本 博 之(11)

「潮時」の風景 一自然と身体一 …………………………………………松 本 博 之(25)

地域文化の神話と力

一文学・フォークロア・エコロジー一 …………………………………佐々木 高 弘(61)

兵庫県宍粟郡の近代神社の合祀…………………………………………関 口 靖 之(77)

近代における紀州航路の発展と沿岸都市……………………………… 克 明(85)

資料

自然地理学用語辞典………………………………………………………守 田 優 (111)

平成7年度修士論文および卒業論文要旨

平成8年度修士論文および卒業論文要旨

彙報(教室・学会記事,修士論文・卒業論文題目)

地 理 学 報 第31号 (1996)

論 説

和歌山県田辺市ひき岩群にみられる組織地形と風化状況………………水 野 恵 司 (1)

文学作品にみられる近代盛り場

一明治・大正期の京都新京極の場合一…………………………………山 近 博 義 (17)

小藩陣屋町における武家地の現況

一播州山椅藩の場合一……………………………………………………米 田 藤 博 (35)

韓国の城郭都市……………………………………………………………橋 本 九二男 (49)

楢/木大学士の野宿 野宿第二夜にみる自然解釈………………守田 優・増穂 栄作 (67)

生物地形学の研究動向と課題………………………………………………岩 田 賢 一 (77)

ヨーロッパの洞窟……………………………………………………………守 田 優 (91)

平成6年度修士論文および卒業論文要旨

彙報(教室・学会記事,修士論文・卒業論文題目)

地 理 学 報 第30号 (1995)

論 説

起後・常陸の親鸞と近江金森の蓮如,その人国記的記述………………内 田 秀 雄 (1)

和歌山県田辺市ひき岩群にみられる組織地形………………水野 恵司・美波由起子 (29)

辻本 英和・藤井 稔

西村 伸之

社寺分布からみた近代の地域的特性

一大阪府中河内郡を事例として一…………………………………………関 ロ 靖 之 (45)

先史時代の芸術………………………………………………………………守 田 優 (55)

賢冶とその自然観

一森から聴こえてくる声の秘密一………………………………………増 穂 栄 作 (63)

資 料

エレン&ストリナチ(邦訳),ヨーロッバの洞窟(10)一イタリアー………守 田 優 (79)

別府巡検案内(英文)…………………………………………………………出 田 和 久(111)

平成4年度修士論文および卒業論文要旨

平成5年度修士論文および卒業論文要旨

彙報(教室・学会記事,修士論文・卒業論文題目)

地理学報 第29号 (1993)
論 説

小学校児童の行政地名・自然地名の認知について………………………………西 川 秀 智(1)

自然地理教育における崩壊・土石流災害の教材化………………………………水 野 恵 司(21)

魅力ある博物館展示の条件について………………………………………………山 中 正 宏(35)

資 料

へットナー(1927):地理学,その歴史・本質および方法

(第V絹 地図と図表,第 編言語による呈示,第 観

地理学的素養,第 編 初等学校,中等学校における

地理学,第 編 大学における地理学)(邦訳)……………………………守 田 優(47)

洞窟学用語集…………………………………………………………………………守 田 優(161)

平成2年度修士論文および卒業論文要旨……………………………………………………………(223)

平成3年度修士論文および卒業論文要旨……………………………………………………………(232)

彙報(教室・学会記事,修士論文・卒業論文題目)………………………………………………(249)

地理学報第28号 前田昇先生退官記念号 (1992)
前田 昇先生略歴・著作目録…………………………………………………………………………(1)

論 説

栃木県足尾町,仁田元沢下流域における岩層流と岩層流堆積物の特徴………石 井 孝 行(7)

新潟県東頚城丘陵西部の寺泊・椎各層泥岩分布地域における

崩壊型地すべりの分布………………………………………………………………水 野 恵 司(17)

1次谷の谷壁斜面における微地形の分布…………………………………………吉 水 裕 也(Zg)

前浜縦断形の変化に及ぼす地下水面の効果………………………………………福 島 輝 彦(41)

−淡路鳥慶野松原海岸において−

クロンダイクゴールドラッシュと都市

一カナダ辺境地域の都市(第4報)一……………………………………山 田 誠(55)

韓国,ソウルの都市構造と都市景観………………………………………………武 内 正 夫(75)

弥生時代集落の空間的配置

一ティーセンの多角形による若干の予察的検討一………………………出 田 和 久(87)

大和新四国の開創とその変遷………………………………………………………米 田 藤 博(95)

疫神祭祀地と主要交通路 一「延喜式jにみる畿内十堺の検討一………関 ロ 靖 之(lll)

伝説と共同体のメンタルマップ

ー徳島県美馬郡脇町の「首切れ馬」伝説を事例に一……………………佐々木 高 弘(129)

日本の四大植木産地の一つ,細河地区の近年の動向……………………………審 良 右 一(145)

ミニマム・エッセンシャルズとしての「地理教育地名」に関する試論

一中学校教科書にみられる地名の分析を通して一………………………正 木 久 仁(169)

「インドネシアの米づくり」の授業 一異文化理解への試み一…………森 本 真 一(181)

鳥轍図作成プログラム………………………………………………………………大 井 隆 志(189)

資 料

へットナー(1927),地理学,その歴史・本質および方法

(第 編 地理学的概念および思想の構成)(邦訳)……………………磯椅 優・守田 優(203)

昭和63年度修士論文および卒業論文要旨……………………………………………………………(285)

平成元年度修士論文および卒業論文要旨……………………………………………………………(297)

彙報(教室・学会記事,修士論文・卒業論文題目)………………………………………………(308)

地理学報 第27号(1989)
論 説

城下町高梁の変貌……………………………………………………………………橋 本 九二男(1)

福清華僑の日本での呉服行商について………………………………………茅原圭子・森栗茂一(17)

博物館教育についてのー試論

一生駒山宇宙科学館を事例として一……………………………………山 中 正 宏(45)

最近におげる石灰岩ケイブシステム形成の研究…………………………………柳 浦 賢 五(51)

奈良県黒滝村の鍾乳洞……………………………………………平瀬恵一・守田 優・堀井宏行(63)

西谷信一郎・柳生大輔

日本の地形学テキストにみるカルスト用語………………………………………守 田 優(75)

資 料

へットナー(1927):地理学一その歴史・本質および方法一

(第 編 地理学の本質と課題,第 編 地理学的研究)(邦訳)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・守 田 優(81)

トリムメル(1968):洞窟学一7・技術的洞窟学一(邦訳)

…………………………………………………………………………………畿椅 優・守 田 優(157)

昭和62年度修士論文および卒業論文要旨……………………………………………………………(185)

彙報(教室・学会記事,修士論文・卒業論文題目)………………………………………………(196)

地理学報 第26号(1988)
論 説

乾燥岩層流とテーラス斜面…………………………………………………………石 井 孝 行(1)

資 料

へットナー(1927):地理学一その歴史・本質および方法一

(第I編 地理学史)(邦訳)……………………………………………畿崎 優・守田 優(17)

トリムメル(1968):洞窟学一6.歴史的洞窟学一(邦訳)

………………………………………………………………………………………守 田

優(113)

昭和61年度修士論文および卒業論文要旨……………………………………………………………(145)

彙報(教室・学会記事,修士論文・卒業論文題目)………………………………………………(155)

地理学報 第25号(1987)
論 説

台湾の鍛冶研究・序論………………………………………………………………森 栗 茂 一(1)

洞窟への地誌学的アプローチ………………………………………………………山 中 正 宏(15)

奈良県洞川地域の洞窟地形とその形成過程…………………………………柳浦賢五・守田 優(23)

資 料

トリムメル(1968):洞窟学一5・洞窟ならびに洞窟学の経済的意義(応用洞窟学)

一(邦訳)………………………………………………………………………守 田 優(47)

地形学用語集…………………………………………………………………………守 田 優(72)

昭和60年度修士論文および卒業論文要旨……………………………………………………………(176)

彙報(教室・学会記事,修士論文・卒業論文題目)………………………………………………(189)

地理学報 第24号(1986)
論 説

「新しい地理学」の日本への普及過程

一現代日本地理学史の一つの試み−………………………………山 田 誠(1)

城下町岸和田の変貌…………………………………………………………………橋 本 九二男(17)

自由研究の指導と事例報告……………………………………………………冨田健治・小西良美(29)

古代畿内東限の疫神祭祀地と主要交通路

一山城と伊賀,大和と伊賀国境の事例一 ………………………………関 ロ 靖 之(40)

四国大野ケ原のカッレンフェルト地形……………………………………………平 瀬 恵 一(48)

MICROGOURSの形態とその形成条件

一岡山県「丼倉洞」における観察と観測一 ……………………………山 中 正 宏(57)

資 料

トリムメル(1968),洞窟学一3.生的スぺレオロジー一(邦訳)……守 田 優(74)

昭和59年度修士論文および卒業論文要旨……………………………………………………………(130)

彙報(教室・学会記事,修士論文・卒業論文題目)………………………………………………(140)

地理学報 第23号(1985)
論 説

福沢論吉の学校地理一代表的著作を中心に(1)一………………………樋 ロ 節 夫(1)

岡山県『ダイヤモンドケイブ』のへリクタイト…………………………………山 中 正 宏(13)

交通地理学研究に関する覚え書……………………………………………………奥 井 俊 一(23)

資 料

ナウマン(1885):「日本列島の構造と生成にっいて(邦訳・その2) …………守 田 優(62)

昭和58年度修士論文および卒業論文要旨……………………………………………………………(79)

彙報(教室・学会記事,修士論文・卒業論文題目)………………………………………………(89)

地理学報 第22号(1983)
論 説

生駒山地東麓,木津川左岸丘陵の地形について…………………………………武 内 正 夫(1)

ビーチ・ステップに関する実験的研究一水位を変化させた場合一……石 井 孝 行(21)

カナダ都市のランクサイズ分析……………………………………………………山 田 誠(32)

資 料

ナウマン(1885):日本列島 構造と生成について(邦訳)・・・・・・・・・・・守田 優(49)

昭和57年度修士論文および卒業論文要旨……………………………………………………………(68)

彙報(教室,学会記事,修士論文・卒業論文題目)………………………………………………(77)

地理学報 第21号(1982)
論 説

教科書検定時代の学校地理

一 日本地理での編纂を中心に一…………………………………………樋 ロ 節 夫(l)

岩手県の現存曲り屋にっいて………………………………………………………米 田 藤 博(11)

岡山県阿哲台「満奇洞」の地形…………………………………馬場幸子・守田 優・平瀬恵i一・住野康子・平井睦子・吉川廣子(24)



報 告

アメリカメガロポリスの都市景観と自然環境の点描

一ニューヨーク・ポストン・ワシントンを例として一・・・・・・・・・・・・・・・・武 内 正 夫(37)

資 料

グルント(1914):カルストにおける地形学的輪廻(邦訣)・・・・・・・・・・・・・・・守 田 優(48)

書 評

鳥越憲三郎著『原弥生人の渡来』…………………………………………………森 栗 茂 一(65)

昭和53年度修士論文および卒業論文要旨……………………………………………………………(69)

彙報(教室・学会記事,修士論文・卒業論文題目)………………………………………………(81)

地理学報 第20号(1981)
論 説

植物指標による環境アセスメント

ー武庫平野における着生植物植生調査一 ………………………………大 西 毅(l)

岡山県阿哲台「井倉洞」の地形…………………………………吉川廣子・守田 優・平瀬恵一(26)

馬場幸子・平井睦子・住野康子

秋田県仙北地方の草葺民家一中門造・曲り家交界地方の民家一………米 田 藤 博(40)

北海道における都市システムの発達………………………………………山田 誠・羽田野正隆(48)

資 料

コサック(1952):地球上のカルスト現象とシュードカルスト現象の分布

一カルスト研究とカルスト水理学のために一(抄訳)……………守田 優・河合昇一(59)

昭和54年度,55年度修士論文および卒業論文要旨…………………………………………………(75)

彙報(教室・学会記事,修士論文・卒業論文題目)………………………………………………(97)

地理学報 第19号(1980)
論 説

兵庫県,加古川市以西の丘陵および山地における斜面崩壊……………………吉 田 則 子(l)

ノー ト

生駒谷の地形について………………………………………………………………武 内 正 夫(9)

資 料

ハンス・ビンダー:神秘的なシュワーべンアルプ(抄訳)……………………守 田 優(16)

昭和53年度修士論文および卒業論文要旨……………………………………………………………(68)

彙報(教室・学会記事,修モ論文・卒業読文題目)………………………………………………(78)

地理学報 第18号(鳥越憲三郎教授退官記念号)(1979)

鳥越憲三郎教授近影

鳥越憲三郎教授略歴および主要著作目録

論 説

琵琶湖水運の高距限界について

一守山駅・宿の水運一 ……………………………………………………内 田 秀 雄(1)



沖縄県国頭(くにがみ)村奥間の村落構造

一東鍛冶屋(あがりかんじゃ)伝承との関係から一 …………………………………………森 栗 茂 一(10)

津軽地方のとヤシ型民家について…………………………………………………米 田 藤 博(17)

ノー ト

ー人で行なえる簡易測量について…………………………………………………福 本 紘(25)

生活領域学習に関する一考察

一特に流通教材について一……………………安井 司・板倉健二・磯 高材 (29)

健 橋本九二男・山本 担・奥舎 憲雄

村尾 禎彦・冨田 健治・武内 正夫

中川 昭夫・奈良 芳信・奥村 修

小林 正恒・由上美知子

天理市二階堂における農業的土地利用……………………………………………喜多村 修(40)

地理学報 第17号(奥村和夫退官記念号)(1978)

奥村和夫先生近影

奥村和夫先生略歴および著作目録

論 説

京都仏教漆芸…………………………………………………………………………内 田 秀 雄(1)

兵庫県淡路島の海浜地形について………………………………福本 紘・小林正恒・吉田光孝(16)

lnfluene of the Grain Size of Rock Fragment and the Slope Length

on the Development of Talus Slope…………………………………………Takayuki lSHII(35)

ノー ト

鴨川沿岸の歴史的景観一領域変遷史のための景観分析ノートー………武 藤 直(47)

報 告

淡路島南部,中央構造線沿いの地形……………守田 優・武内正夫・竹治信也・平瀬恵一

馬場幸子・住野康子・平丼睦子・吉川廣子(57)

昭和52年度修士論文および卒業論文要旨………………………………………………………………(73)

彙 報(教室・学会記事.修士論文・卒業論文題目)……………………………………………(84)

地理学報 第16号(1977)
論 説

花崗岩地域におげる遷急点の地形学的研究………………………………………林 部 恵 一(1)

ノート

シュワーべンアルプ(ドイツ)のカルスト地形…………………………………守 田 優(16)

報 告

シンガポールにおける住宅団地の形成について…………………………………武 内 正 夫(34)

秋吉台の観光洞………………………………………………………………………守 田 優(41)

安 岡 一 成

平 瀬 恵 一

昭和51年度修士論文および卒業論文要旨……………………………………………………………(55)

彙 報

教室・学会記事,修士論文・卒業読文題目…………………………………………………………(64)

地理学報 第15号(1976)
論 説

高知県における特異な民家景観一水切とトマについて一…………………米 田 藤 博(1)

郊外都市藤井寺の都市化……………………………………………………………橋 本 九二男(12)

巨大都市大阪辺縁部の都市化に関する一考察

一大阪市内旧東住吉区について一………………………………………奥 舎 憲 雄(29)

地球上のカルスト現象………………………………………………………………守 田 優(39)



昭和50年度修士論文および卒業論文要旨……………………………………………………………(72)

彙 報

教室・学会記事,修士論文・卒業論文題目…………………………………………………………(77)

地理学報 第14号(位野木寿一教授退官記念号)(1975)
位野木寿一先生近影

位野木寿一先生略歴ならびに者作目録………………………………………………………………(1)

論 説

湖東平野を流れる野洲川のこと

一野洲川の世紀の改修にことよせて一 …………………………………内 田 秀 雄(9)

三重県長嶋湾・五ケ所湾付近における海浜地形について………………………福 本 絃(23)

石川下流左岸の農業水利について…………………………………………………橋 本 九二男(36)

新潟県における中門造の分布と形態………………………………………………米 田 藤 博(44)

富山県の開拓農村……………………………………………………………………橋 本 九二男(58)

奥 舎 憲 雄

冨 田 健 冶

最近における地形研究の傾向………………………………………………………守 田 優(67)

彙 報

教室・学会記事,修士論文,卒業論文題目…………………………………………………………(85)

地理学報 第13号(1974)
論 説

紀伊半島における防雨民家の分布と景観…………………………………………米 田 藤 博(1)

岡山県における温室ブドウ栽培……………………………………………………赤 木 和 郎(16)

中部地方における構造土の研究一霧ケ峯の階状土について一…………奥 舎 憲 雄(26)

大和高原北西部の地形………………………………………………………………武 内 正 夫(36)

彙 報

地理学報 第12号(1973)
論 説

貝がら質堆積物に関する2・3の検討

一伊豆下田鍋田湾・底質分析に関連して一………………………白井哲之・町田 貞(l)

熊野灘海岸における海浜の形状について…………………………………………福 本 紘(10)

猪名川流域の平坦面…………………………………………………………………井 上 茂(17)

ドイツにおけるカルスト地形一特に観光洞について一…………………守 田 優(24)

中部地方における周氷河性地形の一考察…………………………………………武 部 正 夫(39)

都市化による地域変質一人日現象からみた堺市一………………………荊 木 守 季(60)

インド,クルー地方とラホール地方の民家………………………………………藤 崎 和 生(69)

地誌教育のあり方一系統地理教育との関係において一…………橋本九二男・冨田健治(74)

近世の地理教育に関する研究一往来物を中心として一…………………門 林 巳代司(82)

彙 報

教官異動,教室・学会記事,卒業読文題目,地理教育部会………………………………………(101)

地理学報第11号(1967)
論 説

近江の民家形態にみられる裏日本式気候の影響

内田秀雄・大東一恵・出日美代子・瀬川正子(1)

和泉地方における親村と子村………………………………………………………大 越 勝 秋(3)

沖永良部島の地形……………………………………………………………………守 田 優(9)

主業的果樹栽培地域の出荷組織の体系化…………………………………………高 橋 佳代子(18)

短 報

流動人口からみた地域構造一大阪府下の場合一……………………………橋 本 九二男(26)

河内長野市の妻楊枝工業……………………………………………………………今 木 誠 造(32)

山地における風化過程の地形学的研究……………………………………………中 村 隆(38)

教 育

中学校地理教科古の図表と生徒の興味について…………………………………田 中 耕 三(46)

中学校における日本の農牧業指導計画試案………………………………板倉健二・橋本九二男(53)

紹 介

ぺディメントとぺディメント形成過程……………………………………………井上 茂 抄訳(58)

彙 報

学会記事,教室行事、卒業論文題目…………………………………………………………………(64)部会報告

地理教育部会の趣旨……………………………………………………………………………………(70)

編 集 後 記……………………………………………………………………………………(表紙 )

地理学報 第10号(淡路島特集号)(1963)
論 説

まえがき………………………………………………………………………………………………(1)

淡路島五色浜における堆積物について……………………………………………中 山 正 民(3)

洲本川上流鮎屋川の段丘地形………………………………………………………前 田 昇(14)

淡路島のみかん栽培…………………………………………………………………果 樹 班(21)

淡路島南部における玉葱栽培………………………………………………………玉 葱 班(24)

淡路島の花卉栽培地域………………………………………………………………奥 村 和 夫(27)

淡 路 の 瓦………………………………………………………………………内 田 秀 雄(40)

洲本市の都市構造の推移……………………………………………………………位野木 寿 一(53)

淡路島人口現象の問題点……………………………………………………………田 中 秀 作(67)

紹 介

カルロワ他原著 地理教授法………………………………………………………海 野 一 隆(69)

彙 報

学会記事 教室記事 講義題目 卒業論文題目……………………………………………………(70)

編 集 後 記…………………………………………………………………………田中, 内田(74)

地理学報第9号(1960)
論 説

九山八海岩一須弥山象徴の諸例一 ………………………………………内 田 秀 推(1)

猪名川左岸地域の条里制補遺………………………………………………………大 越 勝 秋(6)

短 報

大阪平野における毎栽培について…………………………………………………英 康 隆(14)

教 育

地理の学習指導における視聴覚的方法(1)一抄訳一…………………井 上 茂(18)

実習報告

淡路島野外実習報告……………………………………………………………………………………(21)

東北地方旅行報告………………………………………………………………………………………(28)

紹 介

地理教育書三種………………………………………………………………………海 野 一 隆(35)

彙 報

実地踏査,大会,発表会,歓迎合,送別会…………………………………………………………(37)

受贈刊行物………………………………………………………………………………………………(37)

33年度卒業読文題目……………………………………………………………………………………(38)

34年度卒業論文題目……………………………………………………………………………………(38)

会員名簿……………………………………………………………………………………………………(39)

地理学報 第8号(1958)
論 説

大阪府の町村合併の特殊性と問題点………………………………………………位野木 寿 一(l)

琵琶湖畔の新田開発一吉川興農株式会社始末記一………………………内 田 秀 雄(19)

日本における最近の河川砂礫の研究………………………………………………中 山 正 民(25)

歴史的地方都市の変貌一摂津三田町の場合一……………………………古 川 清(31)

報 告

北海道総合開発の成果にっいて……………………………………………………田 中 秀 作(37)

耕地及ぴ作物よりみた大阪府農業の性格…………………………………………稲 垣 勝(41)

旅行報告

山陰地方…………………………………………………………………………………………………(49)

彙 報……………………………………………………………………………………………………(49)

総会並びに新入会員歓迎会・実地踏査・大会・例会・

昭和32年度卒業論文題目・受贈刊行物

昭和32年度地理学科講義題目…………………………………………………………………………(24)

昭和33年度地理学科講義題日…………………………………………………………………………(30)

本 会 会 則…………………………………………………………………………………………(48)

会員名簿……………………………………………………………………………………………………(52)

地理学報 第7号(1957)
論 説

南贍部洲万国掌菓之図の反響一江戸時代地図史の一齣一………………海 野 一 隆(l)

河内の条里制の諸問題(5)一条里呼称の問題続き一 …………………大 越 勝 秋(9)

大和川川違反訴の地理学的分析……………………………………………………位野木 寿 一(16)

短 報

北海道の開拓とキリスト教…………………………………………………………田 中 秀 作(22)

分布論より見た日本の冷凍業………………………………………………………白 井 三千夫(27)

茨木市の小売商圏……………………………………………………………………秋 山 守(31)

教育研究

地理教育における地名の問題

一地名記憶に影響する条件について一 …………………………………田 中 耕 三(35)

地図指導に関する一実践……………………………………………………………安 井 司(40)

社会科におけるクラブ活動…………………………………………………………橋 本 九二男(43)

紹 介

田中秀作教授古稀記念地理学論文集………………………………………………奥 村 和 夫(46)

調査旅行報告

濃 尾(55年)………………………………………………………………………………………(48)

北海道の印象(56年)………………………………………………………………内 田 秀 雄(48)

北海道(56年)………………………………………………………………………………………(49)

北陸信越(56年)………………………………………………………………………………………(51)

彙 報……………………………………………………………………………………………………(52)

会員名簿……………………………………………………………………………………………………(54)

地理学報 第6号(1955)
論 説

湖北の民屋……………………………………………………………………………内 田 秀 雄(1)

琉球の土地共有の制度について……………………………………………………鳥 越 憲三郎(7)

河内の条里制の諸問題(4)一条里呼称の問題続き一 …………………大 越 勝 秋(11)

古地図に見る近世の摂津池田………………………………………………………海 野 一 隆(19)

商店街に関する地理学的考察一大阪市東部地域について一 ……………橋 本 九二男(25)

短 報

北海道泥炭地域の開発………………………………………………………………田 中 秀 作(32)

堺の地下水……………………………………………………………………………前 田 昇(36)

河内段蔵(だんぐち)について……………………………………………………辻 本 幸 雄(39)

教育研究

小学校低学年社会科における地理的教材の指導…………………………………岡 田 新 一(41)

紹 介

J.K.ライト E.T.プラット地理研究のしおり…………………………………………………海 野 一 隆(46)

調査旅行報告

南四国………………………………………………………………………………谷 日 徹(46)

南 紀………………………………………………………………………………那 須 剛(48)

彙 報……………………………………………………………………………………………………(49)

昭和29・30年度地理学関係講義題目・総会記事・実地踏査・

昭和29年度卒業論文題目

会員名簿……………………………………………………………………………………………………(53)

地理学報 第5号(1954)

論 説

近世紀州橋本町の都市性格………・・………………………………………位野木 寿 一(1)

清代の大運河と江南…………………………………………………………海 野 一 隆(12)

河内の條里制の諸問題(3)…………・………………………………………大 越 勝 秋(18)

茨木市の都市地理学的研究…………………………………………………木 場 良 樹(30)

短 報

旧藩領行政区割の現代生活に及ぼせる影響………………………………内 田 秀 雄(40)

淡路島の地形…………………………………………………………………前 田 昇(42)

談話室

アイヌ民族と河川……………………………………………………………田 中 秀 作(46)

調査旅行報告

南九州…………………………………………………………………………桑 木 弘 倫(49)

彙 報…………………………………………・……………………………………………(51)

昭和28年度地理学関係 講義題目・総会記事・

実地踏査・昭和28年度卒業論文題目

会員名簿……………………………………………………………………………………(57)

地理学報 第4号(1953)
論 説

北海道開拓の地理学的考察…………………………………………………田 中 秀 作(1)

河内の條里制の諸問題(2)………………・…………………………………大 越 勝 秋(10)

大阪を中心とする大都市地域の構造…・・…………………………………小 林 博(20)

一統計上よりみた住宅的按能について一

堺市の工業……………………………………………………………………南 光 博 和(30)

紹 介

「大阪府農地改革史」………………………………………………………位野木 寿 一(38)

A・E.ムーディー 政治にひそむ地理 ……………………………………海 野 一 隆(40)

調査旅行報告…………………………………………………………………………………(42)

北 陸(河原信幸) 北海道(吉野晃司)

彙 報…………………………………………………………………………………………(48)

昭和27年度 地理学関係講義題目・実地踏査・大会記事・

昭和27年度 卒業論文題目

会員名簿.................................................................(53)

地理学報 第3号(1952)

論 説

貝原益軒に於げる地理学思想………………………………………………内 田 秀 雄(l)

北極出地の度数………………………………………………………………能 田 忠 亮(8)

河内の條里制の諸問題(1)……………………………………・……………大 越 勝 秋(13)

短 報

神戸西方の地形………………………………………………………………前 田 昇(21)

紹 介

国際連合と地図一現代地図学一……………………………………………海 野 一 隆(26)

学界ニュース

第17回国際地理学大会………………………………………………………位野木 寿 一(30)

調査旅行報告…………………………………………………………………………………(32)

浜坂砂丘・鳥取(吉野晃司) 大山・玉造温泉(大村芳樹)

籔川平野の村落(射手矢定男) 松江市(桂 信一)

講演要旨

イタリアの風土…………………………………………………・・…………角 田 文 衛(40)

彙 報………………………………………………………………・………………………(43)

昭和26年度講義題目・講演会・実地踏査 第3回大会

会員名簿……………………………………………………………・………………………(47)

地理学報 第2号(1951)

論 説

大阪港の新内港計画の地理学的意義………………………………………位野木 寿 一(1)

琉球における市港構造の宗教的制約………………………………………高橋憲三郎(12)

人口吸引作用からみた東京・大阪両市の勢力面とその変動について…田 中 耕 三(19)

西京丘陵の地域構造一筍栽培より見たる…………………………………森 田 敬 一(25)

大和盆地に於ける古代村落分布の一考察…………………………………古 川 清(37)

談話室

Geopolitikのこと

Fifield&Pearcy共著Geopoliticsを読んで……………………………・…海 野 一 隆(47)

彙 報………………………………………………………………………・・・……………(51)

実地踏査,第2回大会,受贈誌

地理学報 第1号(1950)

発刊の言葉に代えて一干拓と地理学一……………………………………位野木 寿 一(1)

論 説

近江盆地の南北性にっいて…………………………………………………内 田 秀 雄(3)

中国地理学史に於ける読史方輿紀要の位置………………………………海 野 一 隆(10)

大阪市の人口吸引勢力圏について…………………………………………田 中 耕 三(15)

翻 訳

経済地理学の領域……………………………………………………………海 野 一 隆(21)

紹 介

最近米国地理学界の動向の一端……………………………………………奥 村 和 夫(32)

談話室

ちりがくあれこれ……………………………………………………………深 山 賢 司(41)

彙 報………………………………………………………………………………………(45)

本年度計演題目. 発会式. 実地踏査

第一回大会. COSMOS廃刊

世界を学ぶ座談会. 人文地理学会支部設置

会員名簿……………………………………………………………………………………(49)