『歴史研究』(大阪教育大学歴史学研究室発行)目次(第36号から第46号まで)

THE REKISHI KENKYU
Journal of Historical Studies

論文のダウンロードは、大阪教育大学リポジトリ に入り、「コミュニティ」→歴史研究と入力


第46号 Vol.46
2009年3月25日発行
Vol.XLVI: March 2009

論文 Articles

堀内隆行(Takahiko HORIUCHI)「歴史家W・Mマクミランの南アフリカ時代(1891-1933)」
South African Years of the Historian William Miller MacMillan
                    

平田政彦(Masahiko HIRATA)「大阪教育大学歴史学研究室所蔵の考古資料について −その1−」
The Japanese Archeological Materials Preserved in Historical Laboratory of Osaka Kyoiku University
                        
田中ひかる(Hikaru Tanaka)「アメリカ合衆国におけるロシア系移民アナーキスト −ロシア時代についての考察−」
The Russian Anarchists in the United States: Focusing on their Experience in Russia before they
immigrated to Western Europe and the United States

教室記事
News from the Faculty

第45号 Vol. 45
 2008年3月25日発行
Vol.XLV: March 2008
論文 Articles:

橋川裕之(Hiroyuki HASHIKAWA)「キジコス府主教二フォンの足跡−アタナシオス時代の修道士主教と地域社会」
The Steps of Metropolitan Niphon of Kyzikos: A Monk-Bishop and Local Society in the Age of Patriarch Athanasios

渡邊昭子(Akiko WATANABE)「教育法制度成立期ハンガリーの読本に見る国家・国民と諸宗派(一八七〇−八〇年代)
Nation, State and Confessions in Hungarian Reader Textbooks after the Introduction of the Elementary Educational Law of 1868

研究ノート Note:
三輪泰史(Yasushi MIWA)「戦時下の東洋紡績神崎工場をめぐるヒアリング調査について」
The Reserch by Interviewing on Toyo-Kanzaki Spinning Mill during World War II

伊藤敏雄(Toshio ITO)「日本における魏晋期土地制度史研究百年」
Hundred Years of Japanese Historical Studies on Land System in Wei-Jin(魏晋) Era

教室記事
News from the Faculty


第44号 Vol. 44 2007年3月25日発行

論文 Articles:

張国楽「一九二〇・三〇年代における在日福清呉服行商の実態と動向−「福益号」を通じて」
The Situation and Trend of Fuying Peddler of Kimono Living in Japan in the Period of 1920s and 1930s: Focusing on the ”Fuyi hao”

徐冲「漢唐間の君臣関係と「臣某」形式に関する一試論」
The Order of Jun(君) with Chen(臣) and the Form of Chenmou(臣某) during the period of Han(漢) and Tang(唐) Dynasty

渡邊昭子「二重君主国期ハンガリー国立小学校の地域性−設立開始後の二〇年間における組織と運営−」
How Much Influence could the Hungarian State Exert upon its・State-run Primary Schools in the firsthalf of the Dualistic Era?

書評 Book Review:

田中ひかる ベネディクト・アンダーソン『三つの旗の下に アナーキズムと反植民地主義による想像』
Benedict Anderson, Under Three Flags: Anarchism and the Anti-Colonial Imagination, Verso: London, 2005

教室記事News from the Faculty

大阪教育大学歴史学会2007年度大会(2007年3月24日)について


第43号(2005年度)2006年3月発行
論文 
・平田政彦「七世紀後半期における法輪寺建立に関する予察」
(Masahiko Hirata, Preliminary Study on the Construction of HORINJI Temple in the Second Half of the Seventh Century)

・伊藤敏雄「嘉禾吏民田家別における米納入状況と郷・丘」
(Toshio Ito, Delivery conditions of rice and relations with Xiang and Qiu in the documents of Jiahe Limin Tianjiabie)

・伊藤敏雄「『長沙走馬楼三國誤簡 竹簡[壷]』釋文補注」
(Toshio Ito, Supplement and commentary on "Changsha Zoumalou Sangou Wujian, Bamboo Scripts Vol. 1")

翻訳
・田中ひかる「訳者解説」
(Hikaru Tanaka, Introduction)

・アンドレアス・G・グラーフ(田中ひかる訳)
「ドイツのアナーキストとアナルコサンディカリストによる反ナチス抵抗運動」(Andreas G. Graf, Selbstbehauptung und Widerstand deutscher Anarchisten und Anarcho-Syndikalisten, in: Anarchisten gegen Hitler, S.35-61, translated by Hikaru Tanaka)

・ハルトムート・リュープナー(田中ひかる訳)
「ナチス政権下におけるヴィルヘルム・シュレールスによる抵抗」(Hartmut Rübner, Antiautoritäre Sozialisationserfahrungen und Widerstand des Delmenhorster Anarcho-Syndikalisten Wilhelm Schroers, in: Anarchisten gegen Hitler, S. 210-224, translated by Hikaru Tanaka)

教室記事
(News from Faculty)

第42号(2004年度)2005年3月発行
吉田靖雄教授 退官記念論文集

吉田靖雄教授略年譜および著作年譜

論文
・糸永佳正「『中原高句麗碑』の「高麗太王」と麗・羅関係」
・中野祥利「平安後期の諸国文殊会」
・松本政春「節度使とその所管国」
・山本和幸「古代能登国の駅路」
・吉江崇「祭祀空間としての神祇官」
・田平孝三「播磨国飾都別府符の伝領と支配」
・岩城卓二「畿内・近国の河川支配−大和川堤防を中心に」
・三輪泰史「一九二五年の三菱製紙高砂工場争議に見る労働者の「心意気」」

・綿貫友子「【書評】永原慶二著『苧麻・絹・木綿の社会史』

教室記事


第41号(2003年度)2004年3月発行
論文
・山崎陽子「重慶国民政府の戦時初等教育行政について−四川省を中心に−」
・太田博之「一九世紀初頭のプロイセンにおけるW・v・フンボルトの中等教育制度改革に関する一考察−ケーニヒスベルク学校計画、リトアニア学校計画を中心に−」
・蘇航「唐朝北部辺軍における蕃・漢将の地位について−開元後期から天宝末期までを中心に−」
・菊池一隆「中国共産党における合作社の起点と展開−湖西省安源労働運動から湖南農民運動への波及」

書評
田中剛「菊池一隆著『日本人反戦兵士と日中戦争−重慶国民政府地域の捕虜収容所と関連させて−』」

教室記事

大阪教育大学歴史学会大会(2003年7月12日)について

第40号(2002年度)2003年3月発行
論文
・岩田留美「ユーゴスラヴィア崩壊とスロヴェニアの独立−連邦国家崩壊の原因についての一考察−」
・荒木大輔「国共内戦期における中国共産党の内モンゴル政策とその実態−内蒙古自治運動連合会を中心に−」

研究ノート
・三輪泰史「工手の母新聞社について」
・岩城卓二「明和六年尼崎藩領上知の背景」

書評
・橋本浩一 寺廣映雄『中国革命と日本・アジア』

新刊紹介
・乾宏巳『近世大坂の家・町・住民』

教室記事

第39号(2001年度)2002年3月発行
論文
・菊池一隆「抗日戦争時期における全日本華僑の動向と構造−大使館、および横浜・神戸・長崎各華僑の位置−」
・溝口歩「英領マレーにおける華僑のゴム事業について−1900年から30年のパイナップル事業と関連させて−」
・田中ひかる「描かれたアナーキスト−19世紀末のアナーキスト像に見られる近代市民層の時代認識に関する考察−」
・宇都宮麻美「近世のフィレンツェにおける少年兄弟会−大天使ラファエッロ兄弟会を中心に−」
・岩城卓二「在坂役所と大坂町人社会−大御番頭・大御番衆・加番を中心に−」
教室記事

第38号(2000年度)2001年3月発行
論文
・田中ひかる「アメリカ合衆国におけるアナーキストと労働組合との関係(1884年〜1886年)」
・櫻井さや「オーストリア=ハンガリー統治期のボスニア・ヘルツェゴヴィナにおけるムスリム住民と教育−ムスリム・アイデンティティーの萌芽−」
・奥間一輝「新生活運動の起源について」
・田中剛「「蒙彊政権」の留学生事業とモンゴル人留学生」
・森下徹「幸徳秋水の平和思想−『平民新聞』期を中心に−」

教室記事

第37号(1999年度)2000年3月発行
論文
・宛金章「清朝末期の外国語教育に関する史的考察」
・張銘心「麹氏高昌墓碑の紀年問題」
・菊池一隆「重慶国民政府の華僑行政と華僑の動向−英領マレイ、シンガポールを中心に−」
・田中ひかる「ドイツにおけるアナーキズムの成立」
・椹木庸弘「第一次世界大戦における技術発達とその運用」

教室記事


第36号(1998年度)1999年3月発行
丹生谷哲一教授退官記念号

丹生谷哲一教授略年譜および著作年譜

論文

・生駒孝臣「中世成立期の「兵」と「侍」−国衛軍制との関わりを中心に−」
・岩井憲照「叡尊教団における戒律復興運動−菩薩戒授戒を中心に−」
・平澤悟「室町期の興福寺大乗院門徒」
・澤井英樹「山城国主水城と国人主水主について」
・田平孝三「摂津国水無瀬荘における畠と農民」
・蔡垂功「中世における渡来人の役割−楠葉西忍を例に−」
・周金龍「祇園祭と王爺祭−日台疫病神信仰を中心に−」
・尾崎安啓「『大乗院寺社雑事記』にみえる中世職能民の年賀について」
・澤田幸司「墓塔・墓標の二次的使用に関する一考察−中・近世における諸例の分析を通して−」
・奥田誠治「自作VTR教材の制作と支援−視聴覚センターの地域教材開発−」
・陳雁「後漢・魏晋時代における教育と門閥士族の形成」
・糸永佳正「新羅の高句麗からの自立時期について」
・魏(斉藤)秀美「曽埼・中国青年党と五色国旗擁護運動」
・袁広泉「定県における農村医療制度創出の実験」

教室記事


第1号から第35号まで


西洋史研究室Top