アジア理解教育


担当教員: 伊藤敏雄・小林和美

講義概要: 国際化の時代にあたって、アジアに対する理解を深めることが不可欠である。また、教育現場でも異文化の理解が求められている。本講義では、現地での生活や調査等の経験を踏まえ、現代アジアの文化と社会等について考察するとともに、アジア理解教育の方法を考察する。

2016年度の授業(後期・金曜4限)

第1週 10/ 7 ガイダンス
<レポート課題1(締切11/18)>
伊藤敏雄、小林和美
第2週 10/14 韓国の社会と文化1 小林和美
第3週 10/21 多文化共生教育と在日コリアン 裴光雄
第4週 10/28 韓国の社会と文化2 小林和美
第5週 11/11 近代ヨーロッパ及び近代日本のアジア認識 伊藤敏雄
第6週 11/18 中国の社会と文化 伊藤敏雄
第7週 11/25 沖縄の社会と文化 櫻澤誠
第8週 12/ 2 アジア理解をめぐる質疑 伊藤敏雄、小林和美
第9週 12/ 9 香港の社会と文化
<レポート課題2(締切1/27)>
曽嘉欣、小林和美
第10週 12/16 「日本人の名前」について語ろう
(「日本語上級漢字U」との合同授業)
小林和美、伊藤敏雄、城地茂
第11週 12/22 ベトナムの社会と文化 ベトナムからの留学生、
小林和美、伊藤敏雄
第12週 1/ 6 アジア諸地域の社会と文化 内モンゴル、インド、台湾、タイからの留学生、小林和美、伊藤敏雄
第13週 1/22 歴史認識と教科書問題  伊藤敏雄
第14週 1/27 異文化理解のための絵本ワークショップ
(ソウル教育大学インターンシップ生との合同授業)
小林和美
第15週  2/ 3  アジア理解教育の方法をめぐる質疑  伊藤敏雄、小林和美 

※受講生の希望により、講義の順序や内容を変更する場合があります。

昨年までの授業の記録: 2015年度、2014年度、2013年度、2012年度、2011年度、2010年度、2009年度、2008年度、2007年度、2006年度、2005年度


アジア理解教育のためのデジタル教材

 アジア理解教育のための画像(写真)を中心とした教材です。小・中学校の教員をめざす学生にアジアに対する理解を深めてもらうことを目的として作成しました。学校教員の方も、授業(異文化理解・アジアの地誌など)準備のさい参考にしていただいたり、あるいは、全体または一部を、授業中に補助資料としてご利用いただけます。

閲覧/ダウンロード:
中国の社会と文化
 中国の代表的な光景をはじめ、首都ペキンと新疆ウイグル自治区の首府ウルムチで撮影した街の風景・食文化・大学の風景などの画像を収めています。

韓国の生活文化

 都市と農村の風景のほか、宗教・文字・食文化にかんする画像を収めています。

copyright (C) 2010 Ryo Eto  page_footer.png

Copyright (C) 2010 大阪教育大学 社会科教育講座 伊藤敏雄・小林和美
 著作権法第三十五条(学校その他の教育機関における複製等)の「授業の過程」 に加えて,
「授業を支援する過程」としての学校教員の研修や研究会などでの利用も,ご自由にどうぞ。