CSS3: perspective-origin プロパティ - 3D変形: 奥行きの消失点

■ 概要

項  目説  明
記述形式 セレクタ {perspective-origin: 値1 値2 }
値 の形式 値1 (x-座標):  leftcenterright | 数値 (%,距離)
値2 (y-座標):  topcenterbottom | 数値 (%,距離)
初 期 値 50% 50%
対応ブラウザー C3+ / e?+ / N?+ / Fx?+ / Op?+ / Ch6+ / Sa5+
適用可能な要素 変形可能な要素
継  承 しない

■ 解説

perspective-originプロパティ は、transformプロパティ による3D変形の 奥行きの消失点 を指定します。

指定できる値の形式は,以下のとおりです。

説  明
数値
(長さ,%
要素境界の長方形の左上の点からのオフセットで指定します。
left 要素の左右境界の左端の位置に指定します。
center 要素の左右境界の中央の位置、または、
要素の上下境界の中央の位置に指定します。
right 要素の左右境界の右端の位置に指定します。
top 要素の上下境界の上端の位置に指定します。
bottom 要素の上下境界の下端の位置に指定します。

■ 使用例(  perspective-origin プロパティの利用)

現在準備中です。

■ 備考

【参考ページ】