大阪教育大学 養護教育部門
(健康安全教育系)

養護教諭とは

学校における子どもの健康の専門家
養護教諭とは、学校の中で児童生徒の健康を保持増進するためにかかる全ての活動に関わり、救急処置、健康相談、保健の授業などを担当する教員のことです。一般には「保健室の先生」と呼ばれています。 近年、子どもの心身の健康課題が多様化しており、養護教諭は学校における健康の専門家として、それらの課題の解決に向けて重要な責務を担っています。 そのため、養護学、学校保健学、医学、看護学、心理学など幅広い専門分野の知識と技術が必要です。




養護教諭養成課程では

実践力が高く、専門性を発揮できる養護教諭の養成
養護教諭は、学校での保健活動全般にわたる職務にするだけでなく、関係教職員と連携した組織的な 保健管理・保健指導の推進者となることが期待されています。 大阪教育大学養護教諭養成課程では、学校保健活動をはじめとした学校教育活動において、教員として幅広く活動でき、実践力が高く、専門性を発揮できる養護教諭の養成を目指しています。


取得免許状

養護教諭一種免許状

養護教諭養成課程を卒業後は養護教諭一種免許状を取得でき、幼稚園、 小学校、中学校、高等学校や特別支援学校に就職することとなります。

学びの3つのポイント

幅広い教養と高い専門性

幅広い教養科目と教職科目の学びを通して、教職に就くための心構えと態度を備え、子どもを理解する力を高めます。また、教育学を基盤に、学校保健学、医学、看護学、 養護教諭としての学問である養護学などの学びから高い専門性を培います。

子どもの心身の健康を支援する実践力

養護専門科目の学びを通して、子どもの心と体の健康を理解し、子どもに応じた適切な支援ができる実践力を身につけます。1回生から段階的に学校現場での学びを重ね、 養護教諭としての思考力・判断力を培います。養護教諭としての救急処置や健康相談など保健室での実践力を高めます。

さまざまな教育課程に対応する実践力

教養及び養護専門科目での学びを通して、いじめや不登校、発達障がい、医療的ケアなど、さまざまな教育課題に対応することができる実践力を身につけます。 養護教諭に求められるコーディネーターとしての力、学校保健をマネージメントする力、教職員や保護者の方々及び地域の専門機関などと連携・協働する力を高めます。

  • ディプロマ・ポリシー1(学位授与に関する方針)

    豊かな教養と広い視野

    ・学術的・実践的な基本知識・理解,ICTスキル,言語運用能力,コミュニケーション力,及び汎用基礎力
    ・世界の多様性の理解,異文化・多文化を受容できる寛容な態度

    学校教育の基礎的理解

    ・教育の理念や教育に関する歴史及び思想,教職の意義,教員の職務内容についての基礎的理解
    ・子どもの心身の発達と学習の過程についての基礎的理解
    ・学校教育に関する制度,経営的事項,学校安全,人権尊重,特別なニーズのある子どもの教育,英語教育の基本的知識・技能
    ・教育課程の意義や編成,教育の方法や技術(情報機器の活用含む)についての理解
  • ディプロマ・ポリシー2(学位授与に関する方針)

    養護実践力

    ・基礎理論・知識を学び,養護教諭の役割の理解
    ・健康観察や健康診断の意義や方法,保健室の役割や機能の理解
    ・子どもの心身の健康に関して,健康相談や救急処置に係る基礎的知識・技能

    子どもへの対応理解

    ・生徒指導上の問題への対応方法の理解
    ・幼児・児童・生徒の指導の理論と実践的な方法の修得
    ・道徳の理論や特別活動の指導法についての理解

    教職力量を自らひらく力

    ・のコミュニケーションを通して,教職の力量を高め続ける態度
    ・将来への見通しや計画を通じて教職に必要となる基礎的な力量
    ・チーム学校の構成員として他者と協働して課題の解決に取り組む態度
  • Portfolio Item

    1回生 田尻さん

    1回生では、教職や専門の基礎的なことを中心に学んでいます。教職専門科目では教員としての心構えや学校教育の課題など、 養護教諭の専門科目では解剖生理学でからだの構造や機能、小児保健では子どもの発育発達、 学校保健では養護教諭として必要な保健管理について学んでいます。

    Portfolio Item

    2回生 藤原さん

    1回生で学んだ基礎的知識をもとにしながら、専門的に養護教諭として必要な知識や技術を身につけられるように日々勉強しています。 養護教諭の専門科目では養護教諭の職務と役割、子ども一人ひとりに合わせた アセスメントやケア・処置、教職専門科目では集団づくり・授業づくり・生活指導など、実践的な知識や技法を学ぶことができます。

    Portfolio Item

    3回生 山西さん

    大学での講義や実習で身につけた知識・技術をもとに、より実践的な知識や技術が身につけられます。 臨床実習では、病院で実習をすることで医学・看護学的な知識・技術を深め、養護実習では、学校現場で養護教諭としての 実践的な知識・技術を深めるとともに、自身の今後の課題を見出すことができます。

  • Portfolio Item

    4回生 今西さん

    4回生では、より実践的な技術と専門的な知識を深められます。教職実践演習では3回生までの講義と実習をもとにして、実践的な演習を行うことで、 自身の強みや弱み、養護教諭になるにあたっての課題を明らかにします。卒業研究では研究室に配属され、先生の指導のもとに専門的な知識を深められるとともに、研究の方法論も学修できます。

    Portfolio Item

    卒業生(準備中)

    Portfolio Item

    卒業生(準備中)

教員一覧

  • Team Member

    教授:平田久美子

    研究内容
    ・弁膜症や冠動脈疾患について
    詳細プロフィール

               
    Team Member

    特任教授:阪本尚正

    研究内容
    ・環境予防医学
    ・衛生学
    ・公衆衛生学
    詳細プロフィール

               
    Team Member

    特任教授:小山健藏

    研究内容
    ・運動と細胞間物質代謝との関係
    ・運動と免疫
    詳細プロフィール

  • Team Member

    准教授:大道乃里江

    研究内容
    ・運動が脂質過酸化に及ぼす影響
    詳細プロフィール

    Team Member

    准教授:橋弥あかね

    研究内容
    ・遠隔看護システムの開発
    ・養護教諭養成における看護教育
    詳細プロフィール
    個人ホームページ

    Team Member

    特任准教授:出水典子

    研究内容
    ・高校生の心身症への対応
    ・特別支援教育における養護教諭の役割に関する研究
    詳細プロフィール

お問い合わせ

Address

〒582−8582
大阪府柏原市旭ヶ丘4−698−1 大阪教育大学


 
 

Phone

072−976−3211(代表)
 

 
 

Email

※養護教諭養成課程、教職大学院等については、
大阪教育大学の問い合わせ窓口に
お問い合わせください。