大阪教育大学 特別支援教育講座

本講座の特徴

学部

概要

  • 各種障害に対する教育の高度な専門性を獲得できます。
  • 特別支援教育に関する専門教員の養成を行っています。1学年の定員は45名で、これは特別支援教育単独の専攻の定員としては国内最大の規模を誇っています。6障害種の専門のコースが用意されており、視覚障害教育コース、聴覚障害教育コース、知的障害教育コース、肢体不自由教育コース、病弱教育コース、発達・言語障害教育コースがあります。

    学部開講科目

  • 多くの専門家による多様なカリキュラムを用意し、特別支援学校教諭一種免許状に5つの障害種(視覚障害・聴覚障害・肢体不自由・知的障害・病弱)を付記することができます。
  • 特別支援学校、特別支援学級、通級指導教室および、通常の学級で、特別なニーズのある子どもたちに対応できる教員を養成します。
  • 【教育実習の特色について】

    本講座では、以下のような実習の機会が用意されています。

    1回生で観察実習(小学校・特別支援学校)
    2回生で体験実習(小学校)
    3回生で基本実習(小学校)・専門実習(特別支援学校)
    4回生で発展実習(小学校)・併修実習(特別支援学校)
    積み上げ型教育実習イメージ

    以下、用意されている科目です。
    赤文字 ・・ 必修科目
    青文字 ・・ コース別必修科目 (所属コースにより異なるので注意)
    黒文字 ・・ 自由選択科目

    1回生特別支援教育総論
    インクルーシブ教育システム基礎論
    手話学習の基礎
    点字指導法
    2回生の進級時に、6障害種のいずれかのコース(視覚障害教育、聴覚障害教育、知的障害教育、肢体不自由教育、病弱教育、発達・言語障害教育)に所属することになります。
    2回生障害理解教育
    視覚障害アセスメント論
    聴覚障害アセスメント論
    視覚障害教育
    聴覚障害教育
    知的障害教育
    肢体不自由教育
    病弱教育
    発達障害教育
    視覚障害歩行指導法
    言語指導法
    特別支援教育コーディネーター基礎論
    言語障害教育
    重複障害教育
    3回生視覚障害心理
    視覚生理・病理
    聴覚障害心理
    聴覚音声生理・病理
    知的障害者の心理・生理・病理
    肢体不自由者の心理・生理・病理
    病弱者の心理・生理・病理
    障害児アセスメント論
    病弱者の心理と健康行動学
    障害児のキャリア教育
    障害者の心理・生理・病理
    特別支援教育実践論
    特別支援教育実習
    障害児研究法Ⅰ
    4回生視覚障害指導論
    聴覚障害指導論
    知的障害指導論
    肢体不自由指導論
    病弱指導論
    ユニバーサルデザイン授業論
    発達障害指導論
    障害児研究法Ⅱ

    教職大学院 NEW

    お知らせ NEW

  • R3年度 教職大学院特別支援教育コース パンフレット
  • R3年度(今年度)の入試から入学条件に変更がありました。 パンフレットには、この変更点などもわかりやすくまとめてあるのでぜひご一読ください。

    パンフレットはこちら 

  • 大阪市教育委員会:大阪市公立学校・幼稚園教員採用選考テストの教職大学院推薦特別選考について
  • 大阪教育大学を含む教職大学院から推薦を受けた人を対象とした教職大学院推薦特別選考を実施し、 教職大学院推薦特別選考合格者については、第一次選考を免除する。

    概要

  • 教育実践・研究のエキスパートをめざします。
  • 特別支援の理論と実際について教育学、心理学、臨床学などの専門分野の観点から多角的に学びます。
  • 障害の多様化・重度化・重複化、通常の学級における発達障がいのある子どもへの対応、特別支援教育コーディネーターの機能向上など、 特別支援教育をめぐる現代的課題に即応できる実践力を身につけることを目的としています。
  • 養成する人材像

  • 特別な支援を必要とする子ども一人ひとりのニーズに対応した適切な教育支援を行える高度な能力を身につけた教員。
  • 特別支援教育コーディネーターとしての役割を担うことができる教員。

  • 目的・特色

    特別支援教育専攻では、生涯発達の視点から、特別支援学校、幼・小・中・高等学校並びに各種施設における特別なニーズのある子どもたちの能力や個性に応じた専門的な教育的支援を追求することによって、特別支援教育における指導的教育者、研究者並びに特別支援教育コーディネーターを養成することを目的としています。
    そのために、実践現場における教育・心理・臨床面の専門的知識・能力や、学校安全や危機対応についての知識・能力を養いながら、特別支援教育を先導し得る教育者、研究者並びに特別支援教育コーディネーターの育成を目指します。

    • 1学年の定員は10名となっています。
    • 大学院においては特別支援教育に関わる特に専門的な知識の習得に加え、一人で一定水準の研究を行うことができるようになるだけの研究的側面における方法等の修得が要求されます。
    • 特別支援教育の現場は、子どもたちの障がいの多様化、重度化、重複化をはじめ、様々な課題に直面しています。そのためには、明確な問題意識をもつことはもちろん、その問題を子どもたちの能力や個性に応じた専門的な教育的支援を追求することができる教育者・研究者になることをめざします。

    詳しくは大阪教育大学 連合教職大学院ページへ 

    受験条件

    【所持免許】

    特別支援学校教諭1種免許状

    特別支援学校教諭2種免許状(変更となりました)

    大学院開講科目

    【取得免許】

    特別支援学校教諭専修免許状

    【学位】

    教職修士(専門職)

    科目区分授業科目の名称
    特別支援教育コースインクルーシブ教育の理論と実際
    特別支援教育コーディネーター論
    特別なニーズのある子どもの心理学的理解と支援
    特別なニーズのある子どもの生理と病理
    特別なニーズのある子どもの臨床
    発達障害のある子どもの理解と支援
    特別支援教育の現代的課題
    発達支援教育実践論
    特別支援教育の教育課程と授業論
    教育相談支援の理論と実際

    特別専攻科 NEW

    お知らせ 2次募集を行いますNEW

    【オンライン説明会開催】

    令和3年3月6日に2次募集を行います。
    それに伴い新たにオンライン説明会7、8回目を追加いたしました。時間は、同じく18時となります。
    令和3年度 特別専攻科のオンライン説明会を下記の内容で開催いたします。
    お気軽にお問い合わせの上、ご参加ください。

    第1回 10月15日(木曜日)
    第2回 10月20日(木曜日)
    第3回 10月27日(木曜日)
    第4回 11月5日 (木曜日)
    第4回 11月18日(水曜日)
    第4回 11月27日(金曜日)
    第7回 R3年1月27日(水曜日)NEW
    第8回 R3年2月5日 (金曜日)NEW

    ●時間:18時00分〜18時30分
    それぞれの日時で行われる内容は、同じ内容となります。
    上記日時に都合が合わない場合は、別途対応いたしますので下記の連絡先までご連絡をください。

    ●方法
    Zoomを利用した説明会

    ●参加対象
    学部3回生以上(研究生を含む)、現職教員、一般企業等の方で
    本学特別専攻科に興味・関心のある方。

    ●内容
    本学特別支援教育部門の教員による特別専攻科の概要説明及び相談(質問への回答など)

    ●参加申し込み
    参加希望の方は、各説明会開催日の前日18時までに下記の連絡先までメールを送付ください。
    当日、ZoomのURLを送付いたします。

    ●支援の申し込み
    手話、PCテイクなどの支援を必要とされる方は、参加日の7日前までに、必要な支援内容とお名前を
    下記の連絡先までご連絡ください。など、本締め切りを過ぎた際には、申し込み内容の対応ができない場合がございますことを
    ご了承ください。
    不明な点などがございましたら、下記の連絡先までご連絡ください。

    R3年度特別専攻科オンライン説明会パンフレット 

    <お問い合わせ先>

    特別支援教育部門 特任講師 湯浅哲也(ゆあさ てつや)
    e-mail: yuasa-t54@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

    令和3年度入学者用 募集要項および請求方法  NEW

    【令和3年度 学生募集要項】
    ●1次募集
    出願期間:令和2年12月10日〜12月15日必着
    入試実施日;令和3年2月7日

    ●2次募集(定員の充足状況によって実施する場合があります)
    出願期間:令和3年2月10日〜2月17日必着
    入試実施日;令和3年3月6日
    2次募集実施の有無は、令和3年1月下旬に本学Webページにて公表します。

    R3年度特別専攻科パンフレット 

    大阪教育大学 キャンパス地図 

    概要

    過去に大学等で特別支援教育を専門的に学んだことのない方も対象としています。修業年限は1年で、既に教員免許を取得している人を対象としています。
    通常の講義に加えて、現場における実習経験の機会を豊富に用意し、実践的な知識が習得できるようになっています。

    対象:すでに幼、小、中、高等学校のいずれかの教員免許を取得している人
    (過去に大学等で特別支援教育を学んだ経験がない方も対象となります)
    令和3年3月31日までに取得見込みの者を含む

    詳しくは大阪教育大学 入試試験情報ページへ 

    【取得免許】

    特別支援学校教諭一種免許状

    ◎聴覚障害分野を修了の場合
    「聴覚障害者に関する教育」
    「知的障害者に関する教育」
    「肢体不自由者に関する教育」
    の領域を定めた特別支援学校教諭一種免許状

    ◎発達・言語障害分野を修了の場合
    「知的障害者に関する教育」
    「肢体不自由者に関する教育」
    「病弱者に関する教育」
    の領域を定めた特別支援学校教諭一種免許状

    【入学者選抜方法】

    ①小論文
    ②面接
    ③研究計画書

    専攻科開講科目

    聴覚障害教育、発達・言語障害教育をはじめ、特別支援教育の充実に資するために、充実した特別支援教育に関する専門教育を行い、これらの分野における教育を担当し得る教員の養成を目的としています。

    聴覚障害分野特別支援教育論
    知的障害者の心理・生理・病理
    肢体不自由者の心理・生理・病理
    障害者の心理・生理・病理
    病弱者の心理・生理・病理
    聴覚障害教育
    聴覚障害指導論
    聴覚障害心理
    聴覚音声生理・病理
    聴覚障害臨床
    知的障害教育
    知的障害指導論
    肢体不自由教育
    肢体不自由指導論
    病弱教育
    視覚障害教育
    発達障害教育
    発達障害指導論
    重複障害教育
    言語障害臨床
    ユニバーサルデザイン授業論
    教育実習
    障害児研究法B
    論文
    発達・言語障害分野特別支援教育論
    知的障害者の心理・生理・病理
    肢体不自由者の心理・生理・病理
    障害者の心理・生理・病理
    病弱者の心理・生理・病理
    聴覚障害教育
    聴覚障害指導論
    聴覚障害臨床
    聴覚障害心理
    聴覚音声生理・病理
    知的障害教育
    知的障害指導論
    肢体不自由教育
    肢体不自由指導論
    病弱教育
    視覚障害教育
    発達障害教育
    発達障害指導論
    重複障害教育
    言語障害臨床
    ユニバーサルデザイン授業論
    教育実習
    障害児研究法B
    論文
    受講チラシ

    PAGE TOP