道徳教育学分野

 道徳教育学分野(学校教育教員養成課程・小中教育専攻・学校教育コース)では、「道徳授業をちゃんとできる小学校教員の養成」をめざしています。
  2015(平成27)年3月に学習指導要領が一部改訂されたことで、これまで小学校と中学校において週1時間行われてきた「道徳の時間」は「特別の教科 道徳」に変わります。引き続き数値による評価は行わないなど、実践の基本的な枠組みは教科化によって大きくは変化しません。しかし、いじめや情報モラル、あるいは持続可能な発展といった現代的課題に子ども達が主体的に向き合い、自ら道徳性を養っていけるよう、指導方法の工夫や新たな教材の開発、家庭や地域社会との連携などがこれまで以上に求められます。また、これらの取り組みを学校全体で展開していくためには、各学校で道徳教育の中心を担う「道徳教育推進教師」の力量形成が不可欠です。
  本分野は上記の社会的要請に応えるべく、道徳教育に関する確かな学識と技能を身に付け、学校の教育活動全体を通じて行う道徳教育を主導できる教員の養成に取り組んでいます。

学部紹介

入学を考えておられるみなさんへ

 道徳教育学分野のスタッフは上記の2名です。便宜上、「道徳教育学」を小林講師、「道徳教育方法学」を金光教授が担当することになっていますが、皆さんの研究テーマと教員の専門領域に応じて、実質的に両教員の指導を同時に受けられる体制をとっています。
  具体的な卒業論文テーマとしては、道徳授業論や道徳そのものに関する理論的・実践的研究などが考えられます。過去の卒業論文題目(※平成28年度入学者までの教育科学専攻道徳教育学コース時のもの)の一部を下記に掲載していますので参考にしてください。
  なお、教育学分野・心理学分野と同様、道徳教育学分野も小学校一種免許状取得が卒業要件となっています。3年次の9月に行う小学校での基本実習(教育実習)は必修です。くれぐれもご注意ください。

卒業後の進路

 過去5年間(2012-2016年度)でみると、卒業生約50名中、小学校教員30名弱(うち8割強が教諭)、小学校教員以外の就職者20名弱、大学院進学者数名となっています。卒業生は本コースでの学びを基礎に、小学校をはじめとする様々な方面で活躍しています。

大学院紹介 大学院教育学研究科学校教育専攻

入学を検討されているみなさんへ

 大学院教育学研究科学校教育専攻道徳教育学コースは、道徳教育についての専門的知識の獲得とその実践への応用力を身につけることを目的としています。わが国の学校教育における「道徳の時間」の授業研究を中心に、他国も含めた道徳教育全般についての研究や、周辺領域の知見を採り入れた道徳そのものについての理論的な基礎研究までを対象とし、そこから教職を含めた社会への関心を拡張していくことをその目的としています。
 本コースは、道徳教育のみを専攻する国内でも珍しいコースです。各附属小学校での道徳授業は高いレベルにあり、附属小学校との交流から道徳授業における実践力を身につける機会や自身の研究成果を附属各校で実証的に検証する場も保証されています。
 なお、本コースの専任教員は金光教授であり、小林講師は兼担教員です。小林講師は実践学校教育専攻(夜間)の専任教員であり、金光教授は同専攻の兼担教員です。修士論文の指導を行うことができるのは専任教員のみで、兼担教員は論文指導教員になれませんのでご注意ください。

卒業論文題目

2016年

  • けんか資料を用いた道徳授業の提案
  • 子どもの遊びによる発達と教師に求められる遊び指導
  • 小学校道徳におけるLGBTをはじめとするセクシュアル・マイノリティに関する教育の提案
  • 大学生の学校不適応―適応と不適応の意義と機能の検討―
  • 大衆の「新公人」に対する意識と報道による社会的制裁に対する提案
  • 道徳授業におけるAIの活用可能性
  • バーンアウト防止につながる発想の転換について―感情労働に着目して―
  • 罰のトリセツ~幸福な社会のつくりかた~

2015年

  • 叱る力―演劇論的アプローチ―
  • 「女子力について」―ケアの倫理の視点より―

2014年

  • 自伝的記憶に着目した郷土愛教育について―匂い手がかりに焦点をあてて―
  • いじめを減らしていくための道徳授業実践

2013年

  • ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)における本音の考察
  • ケイパビリティ論から見る公正と自然権
  • 「笑い」と「道徳教育」~笑いを取り入れた道徳授業の研究と考察~

2012年

  • 子どもの家庭環境に寄り添った道徳教育―「家族愛」を扱う場合―
  • モラルジレンマを用いた成人の道徳性の比較と考察―コールバーグとエリクソンの発達理論から―

2011年度以前

  • 自尊感情を育むための道徳授業
  • 生命を尊重する心を育てる道徳授業
  • 愛と道徳のつながりにおける考察
  • 神話における道徳―汚穢の概念を中心として―
  • 社会的スキルトレーニングを取り入れた道徳授業についての研究
  • 道徳における国際理解教育
  • 「恥」の道徳性発達について
  • スポーツマンシップと道徳教育

学部カリキュラム

お知らせ:ここで示す科目は、平成28年度入学者までの教育科学専攻道徳教育学コース時のものです。これらはあくまでも本分野での学びのイメージであり、実際の授業とは異なる場合があります。

履修の流れ

 道徳教育学分野では、小学校一種免許状取得に必要な教職専門科目に加え、大まかに次のような過程で分野専門科目を履修していきます。下記の科目を含めて、道徳教育について学ぶ専門科目を20単位以上開設しています。

2回生

道徳教育学の主な領域についての基礎学習

「道徳的価値論」「道徳的行為論」「西洋道徳思想史」「道徳性発達心理学」

3回生

卒論作成に向け,基本的研究方法等についてゼミ形式で学習
2人の教員が開講する「演習Iab」を2単位以上履修
「道徳授業論」で指導案作成を中心に道徳授業の実践指導を行います。

4回生

卒業論文作成
卒論指導教員による「演習IIab」(両教員の指導を受けることも可)を履修.

ページトップに戻る>

Copyright (C) Osaka Kyoiku University. All rights reserved.