食物学研究室

現在の位置:大阪教育大学TOP教育・研究の紹介家政教育講座>食物学研究室 

=食物学研究室の研究テーマ=

植物性の食品(野菜・果物類、大豆・大豆加工食品、穀類など)の特性や機能性の研究をしています。色、味、テクスチャーに関する成分です。テクスチャーは五感で感じる食品の特性で、狭い意味では食感です。要介護者や幼児の食事では食感も大事です。 栄養素でない成分も近年では健康維持に関与する成分として脚光を集めていることが多いので、家庭で野菜を調理して食べることを最終目標として調理過程における成分変化も検討しています。

具体的には下記のようなテーマを研究しています。
詳細は研究室の概要をごらんください。
 ○ 食品のテクスチャーやおいしさに関する研究
 ○ 果物等に含まれている多糖類(ペクチン)の化学構造や基本的な生化学的性質に関する研究
 ○ 野菜や果物などに含まれているフラボノイドと健康との関連
 ○ 植物性食品に含まれる機能性成分のラジカル捕捉活性を中心とした生理活性に関する研究

=研究手法=
○ 主として実験による研究や機器分析です。
  実験には分析機器を用いるような実験から、「おいしさ」にかかわる要因を検討する官能評価にいたるまで、様々な手法を使って「食物のおいしさと健康」をキーワードに食物成分の持つ性質や機能を明らかに しています。理系色の強い研究室ですが、調査などをする場合もあり、研究手法は多彩です。なんといっても食べることが好きで、和気あいとした食べ物の多い研究室です。

       

<INDEX>

  1. スタッフ・所属メンバーの紹介

上へあがる


■柏原キャンパス:C3-206 食物学第1研究室  C2-313 食物学第2研究室  C3-203 食物学第3研究室  ■食情報WEBサイト


スタッフ&所属メンバーの紹介

スタッフと担当科目など   ■ 研究者総覧にリンクしています。

  • 中田 忍   教授  Shinobu NAKATA (Ph.D)  栄養学・食物学演習など
  • 井奥 加奈  教授  Kana IOKU (Ph.D)  食品学・調理学、食物学実験など
  •  


    実習室の紹介&リンク集

    =実習室の紹介=
    1. 食物学実験室 C3−207
    2. 調理実習室  C3−204
    =リンク集(公開情報資源)=
    1. 科学教育センター(学内リンク)
    上へあがる

    〒 582-8582 大阪府柏原市旭ヶ丘 4-698-1 大阪教育大学 教育学部 食物学研究室
          中田 忍      Tel: 072−978−3411  Fax:072−978−3411
          井奥 加奈     Tel: 072−978−3412  Fax:072−978−3412

      ■ 電子メールによるお問い合わせは、 snakata、 iokuのあとに @cc.osaka-kyoiku.ac.jpをつけてください。
      ■ ホームページに関するお問い合わせ(文章の引用など)はiokuまでご連絡ください。



    Copywrite 2017 and all rights reserved by Laboratory of Food Sciences, Osaka Kyoiku University.