ビタミン


<ビタミンの役割>


角丸四角形: エネルギーの供給 角丸四角形: 生体の構成成分 角丸四角形: 生体機能の調節
 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ビタミンとは

必須栄養素のひとつ

タンパク質、糖質、脂質などの栄養素が体内で機能を十分に発揮できるように、補助的に微量で働く。

 

 

 

 

 

 

 


<ビタミンの働き>


 

名称

化学名

主作用

脂溶性ビタミン

ビタミンA

プロビタミンA

レチノール

カロテン

上皮保護

ビタミンD(D2・D3)

カルシフェロール

エルゴステロール

カルシウムの吸収作用

ビタミンE

トコフェロール

過酸化防止

ビタミンK

フィロキノン

メナキノン

メナジオン

血液凝固・タンパク質の生成

水溶性ビタミン

ビタミンB群

ビタミンB1

チアミン

糖質酸化分解

ビタミンB2

リボフラビン

酸化

ナイアシン

ニコチン酸・ニコチン酸アミド

酸化

ビタミンB6

ピリドキシン

アミノ酸代謝

パントテン酸

パントテン酸

 

ビオチン

ビオチン

 

葉酸

葉酸

 

ビタミンB12

コバラミン

 

ビタミンC

アスコルビン酸

 

その他のビタミン様因子

必須脂肪酸

リノール酸・リノレン酸・アラキドン酸

脂質成分

イノシトール

 

リン脂質成分

コリン

 

リン脂質成分

 

 ビタミン(食品成分)へ