箸(はし)の表紙     ■箸(はし)の歴史     ■正しい箸(はし)の持ち方
箸(はし)の選び方   ■箸(はし)のマナー世界の三大食作法手食(てしょく)の文化 
  ■割り箸について箸(はし)を使った故事成語(こじせいご)リンク集

アジアの箸食(はししょく)文化

 箸食(はししょく)と言っても中国、朝鮮半島、日本では材質、形、長さ、
食事作法がかなり違うところがあります。
ここでは同じ箸食(はししょく)の文化を持っている
韓国・中国・日本の箸(はし)について比べて違いを見てみましょう。



<韓国・中国・日本の箸(はし)の違い>
日本中国韓国
箸(はし)の材質木製、プラスチック製象牙・木・竹製が多い金属製
上流階級では銀製
一般にはステンレス製
箸(はし)の形先が細くとがっていて骨のある魚も食べやすい寸胴型(ずんどうがた)で長い、
先端が丸くとがってない
小型で細く短い平たい断面
男女差夫婦箸(めおとばし)・夫婦茶碗があり女物がひとまわり小さい男女の区別はない男女の区別はない
個人所有箸(はし)、箸(はし)箱、茶碗など個人所有ない、家族みんな共有ない、家族みんな共有
子ども用の箸(はし)ある、成長にあわせて
長さを変える
しつけ箸(ばし)などを
使う場合もある
ない、小さい時から
大人と同じ箸(はし)を使う
ない、小さい時から
大人と同じ箸(はし)を使う
箸(はし)の置き方横に並べる縦に並べる縦に並べる
マナー汁物の時、器を手に持ち音をたてて飲む汁物の時、器を持たずスプーン
(レンゲ)を使い静かに
流し込む
食器は日本のものより重たく日本のように手で持たない。
汁物の時、スプーンを使い食べる

【上へ戻る】

<日本・中国・韓国の箸食(はししょく)文化・マナーの比較>
箸(はし)の特徴代表料理食事方法
日本料理
・木や竹の割り箸
・片口箸(かたくちばし)
両口箸(りょうくちばし)・塗り箸
・菜箸(さいばし)、取り箸(ばし)
刺身、天ぷら、すし
すき焼き、鍋物、麺類、汁物
・すべて箸を使う
・汁類はすべて器を持って口をつけて飲む
・料理は取り箸(ばし)でとり、直箸(じかばし)はタブー
中国料理
・木、竹、骨など
・形は寸胴型(ずんどうがた)で長い
・取り箸(ばし)兼用
麺類、汁類、餃子
炒飯、炒め物
揚げ物
・箸(はし)と匙(スプーン)がセット
・ご飯や汁類は匙(スプーン)
・取り箸(ばし)がなくすべてが直箸(じかばし)
韓国料理
・銀、ステンレス
形は寸胴(ずんどう)
・長さは日本と同じ位
取り箸(ばし)兼用
キムチ、ナムル、焼き肉
汁類、揚げ物
・箸(はし)と匙(スプーン)がセット
・ご飯は匙(スプーン)、菜類は箸(はし)
・取り箸(ばし)はなくすべてが直箸(じかばし)
(参考文献) 「日本人はなぜ箸を使うか」一色八郎:大月書店

【上へ戻る】