箸(はし)の表紙       ■箸(はし)食の文化   ■正しい箸(はし)の持ち方
箸(はし)の選び方   ■箸(はし)のマナー世界の三大食作法手食(てしょく)の文化 
  ■割り箸について箸(はし)を使った故事成語(こじせいご)リンク集

いつも使っている箸(はし)について深く考えたことはありますか。
ここではじっくり箸(はし)の歴史について考えてみましょう。


箸(はし)はいつどこから日本にやってきたんだろう・・・

 箸(はし)はいつごろ日本に伝えられたかは定かではなく様々な説があります。
様々な説の中から有力な説と言われている二つを紹介します。
  1. 3世紀に書かれた「魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」では「倭人(わじん)は手食する」と箸(はし)を使っていなかったような記載がありますが、同時期に書かれた「日本書紀」や「古事記」では箸(はし)の記載がありこれを箸(はし)の起源とする説
  2. 7世紀に入って小野妹子ら遣隋使(けんずいし)が中国から帰国した時にたくさんの中国文化を日本に持ち帰り、そのなかに中国の食法(箸食)(はししょく)があり、中国の食法といっしょに箸(はし)が日本に伝来したという説

どちらの説にしろ7世紀には中国から日本に箸(はし)が伝来していたことになります。
その後、聖徳太子(しょうとくたいし)が日本で初めて新しい箸食(はししょく)制度を朝廷の儀式で採用しました。
これが公の場で箸(はし)を使用した最初の儀式です。
しかし、この時にはまだ一般市民の間には箸食(はししょく)が広まっておらず、一般市民に箸食(はししょく)が広まったのは8世紀になってからのことでした。
そして、8世紀の初めに、一般市の間で箸食(はししょく)制度が進められ手食から箸食(はししょく)へ一般市民の生活革命がおこったのです。

【上へ戻る】

箸(はし)のことをはなぜ箸(はし)と呼ぶようになったのだろう

箸(はし)とは食べ物を挟むのに用いる一対の棒のことをいう。
箸(はし)の語源には4つの説がある。
  1. 「挟むもの」という意味で、その役割を語源とする説。
  2. 端(はし)の方でつまむことから、「はし」になったとする説。
  3. 「橋」や「柱」など、その見た目の形から「はし」になったとする説。
  4. 古くは、一本の棒を折り曲げ、ピンセットのように挟んで使うもので、鳥の嘴(くちばし)に似た形であったことから、箸(はし)の語源を「嘴(くちばし・はし)」とする説。
これら箸の語源となる語は、どれも語源として扱われており、どれかが正解というわけではなく、同じような起源をもった言葉と考えるべきでしょう。

【上へ戻る】

箸(はし)はどうやって数えるの

今では一膳(ぜん)、二膳(ぜん)と数えるのが普通ですが、それは鎌倉時代に一人用の膳(ぜん)が発達し、一つの膳(ぜん)に一つの箸が添(そ)えられた事からそう数えられるようになったと言われています。
それまでは、一具(ぐ)・一隻(せき)・一双(そう)・一株(かぶ)・一囲(い)などと数えていたようです。

【上へ戻る】

箸(はし)と日本人

<箸(はし)の主な機能>
箸(はし)の機能つまむ切る
はさむほぐす
はがすすくう
くるむのせる
押さえる分ける
支える運ぶ
裂(さ)く

お箸(はし)は日本人が一番よく使う道具で、食器で一番使うのがお箸です。
古くから、日本人の手先が器用なのは、お箸を使うからだと言われています。
箸(はし)は二本の棒を片手で操(あやつ)り、さまざまな機能をもたせる事の出来る優れた道具(食器)です。
日本人は、箸(はし)を使うことによって、微妙な指の使い方・力加減を幼い 頃から習得していたのです。
箸(はし)使いが日本人にとって、全ての道具を器用に使いこなす基本になっているのかもしれませんね。

【上へ戻る】