必携パソコンについて(令和5年度)

※お知らせ:

入学手続関係書類に同封の「ノートパソコン必携のご案内」の「※利用予定のMacがVenturaに対応しているかどうかは,Apple社の公式サイトに記載されています。 (2ページ)」のApple社の公式サイトのURLが https://support.apple.com/ja-jp/HT213264 に変わりました。

ご注意 : この案内は,令和5年(2023年4月)入学生を対象として作成したものです。
令和4年度の案内はこちらをご覧ください。 → 令和4年度版へ
令和3年度の案内はこちらをご覧ください。 → 令和3年度版へ
令和2年度の案内はこちらをご覧ください。 → 令和2年度版へ

令和5年度 教育学部新入生(三年次編入生を含む)のみなさまへ
令和5年度 大学院新入生のみなさまへ
令和5年度 特別支援教育特別専攻科新入生のみなさまへ

ノートパソコンの必携について

   大阪教育大学では,ICT基礎科目を中心とした授業でのパソコンの使用をはじめ,講義でのレポート作成や論文作成,教育実習でのパソコン利用,グループ学習など,大学生活の中で数多くの機会にパソコンとインターネットを活用します。
   また授業の履修登録や成績閲覧の手続き,授業課題の提出,インターネットを活用した授業なども大学のWebサイトを通じて行います。
   みなさんが大学を卒業・修了した時には,獲得した知識とスキルを教育現場や社会で十分に発揮できるように,学生に個人のノートパソコンを利用してさまざまな活動を行ってもらうことを目的とし,ノートパソコン必携としております。
   やむを得ない事情がない限り,新学期の授業開始までに自分専用のノートパソコンをご準備ください。

授業開始までに準備していただくノートパソコンの必要条件

   準備していただくノートパソコンは,大学が指定する以下の条件を満たしていれば,すでにお持ちのノートパソコンで結構です。 大学として,新たに特定のパソコンの購入をお願いするものではありません。 授業開始日までにセットアップ作業利用できるように環境設定等を行う作業)を完了させるように準備してください。
   なお,この必要条件は,卒業・修了まで使っていただくことを想定していますが,在学中の買い替えを妨げるもではありません。 少なくともオペレーティング・システム(OS)のサポートが在学中に終了しないものにしてください。 また,下記「ノートパソコンの必要条件一覧」の「推奨」の条件も満たしたものにされることを推奨します。

1.基本条件

  • 容易に持ち運べるノート型(ラップトップ型)パソコンであること。

2.ハードウェア条件

  • 無線LAN(Wi-Fi)接続ができること。
  • バッテリ駆動時間が,カタログスペックで8時間以上であること。
  • ハードウェアキーボードを有すること。 着脱式のキーボードでもよい。

3.ソフトウェア条件

  • オペレーティングシステムOS:以下に示す 1),2) の条件のいずれかを満たし,使用学生本人が管理者権限を有すること。

    1) Microsoft Windows 11 22H2 以降 又は Microsoft Windows 10 22H2 以降
          Windows 10の場合は、Windows 11へのアップグレードが可能なハードウェア仕様最小要件を満たすこと。
          また、サポート終了(2025年10月14日)までに、各自でWindows11へアップグレードすること。
    2) macOS Big Sur (11.7)以降で,現行の最新バージョンであるmacOS Ventura (13.0)にアップデート可能であること。
    ※利用予定のPCがWindows 11に対応しているかどうかは,Microsoft社の公式サイトに記載されています。 すでにPCをお持ちの場合は,下記サイトにて対応可能かどうか,ご確認ください。
    https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11-specifications
    ※利用予定のMacがVenturaに対応しているかどうかは,Apple社の公式サイトに記載されています。 すでにMacをお持ちの場合は,下記サイトにて対応可能かどうか,ご確認ください。
    https://support.apple.com/ja-jp/HT213264(追記)入学手続関係書類に同封の「ノートパソコン必携のご案内」作成時点からApple社の公式サイトのURLが変わりました

  • Office:Microsoft Office(Word, Excel, PowerPoint)の最新版がインストールされていること。

    大阪教育大学では,Microsoft社と教育機関向け総合契約を締結しており,本学学生はOffice 365 Apps for enterprise(Microsoft Office 製品)を自分が所有するパソコン等に無償でダウンロードし,在学中に学内外で使用することができます。 インストール方法

  • セキュリティ対策:ウィルス定義ファイル等の自動更新が可能なセキュリティ対策ソフトウェアがインストールされていること。

    Windows 11標準添付のMicrosoft Defenderでも可能です。 希望者は,入学後に本学が包括契約しているウィルス対策ソフトを無料でダウンロードできます。 ただし,対象となるOSは,Windows 10 以降, macOS 11.7 以降です。
    ※ 大阪教育大学生協モデルのパソコンは,本学が包括契約するOfficeおよびウイルス対策ソフトウェアをインストールすることで上記の必要条件を満たします。
    大阪教育大学生協のホームページへ
    【重要】 専攻・コースによっては,上記の必要条件や大学生協モデルよりも高性能な機種が必要となる場合があります。
    詳しくは入学手続関係書類と同封の「ノートパソコン必携のご案内」に記載していますので,必ず参照してください
    【各専攻・コースからの留意事項】

4.セットアップの基準

   授業開始日(入学手続要領に記載)になるまでに,次の事項を完了させてください。
PC本体の入手
初期設定(「PC起動後,デスクトップ画面が表示され,操作可能な状態」まで設定してください)
※大学契約のOfficeソフトウェア(Word, Excel, PowerPoint)及びウイルス対策ソフトウェアのダウンロード及びインストールついては, 入学時に配布予定の「情報基盤センター利用承認書」の情報が必要となります。

5.ノートパソコンの貸与について

   やむを得ない事情で,ノートパソコンの貸与を必要とされる方は,大学から原則入学後6ヶ月間に限り貸与します。 貸与基準等は,「ノートパソコンの貸与について(令和5年度入学生向け)」のページをご参照ください。
→「ノートパソコンの貸与について(令和5年度入学生向け)」のページへ

6.障がい等のある方への事前相談

   障がい又は病気その他の理由で,ノートパソコン携行に際して配慮を希望される方は,障がい学生修学支援ルームにご相談ください。
→ TEL・FAX 072-978-3479   Email sienroom@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

ノートパソコンの必要条件等チェックリスト(印刷用PDF

項目 必要条件
無線LAN (Wi-Fi)
原則すべての講義室で無線LANが利用できます。
【推奨】IEEE802.11 n/ac/ax のいずれかに対応したネットワークアダプタ
いわゆる Wi-Fi6 に対応しているアダプタを推奨します。
【必要条件】IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax のいずれかに対応したネットワークアダプタ
バッテリ駆動時間
パソコンの連続動作時間に影響します。
【必要条件】カタログスペック8時間以上
学内の講義室では充電できません。 PC持参時に満充電しておく必要があります。
ハードウェアキーボード
文字入力に利用します。
【必要条件】ハードウェアキーボード(物理的なキーボード)
オペレーティングシステム
(OS)
【推奨】Microsoft Windows 11 以降もしくはmacOS Ventura (13.0)
【必要条件】 Microsoft Windows 10以降で現行の最新バージョンであるWindows 11 22H2にアップデート可能,もしくはmacOS Big Sur (11.7)以降がインストールされており,現行の最新バージョンであるmacOS Ventura (13.0)にアップデート可能であること。
Office
(文書作成,表計算,プレゼンテーション)
レポートやプレゼン資料の作成・発表に利用します。
【必要条件】Microsoft社のOffice 365 Apps for enterprise(Word, Excel, PowerPoint)の最新版
本学学生はOffice アプリケーションを自分が所有するパソコン等に無償でダウンロード可能です。 インストール方法
(自身で既に利用しているアプリケーションの利用を妨げるものではありません)
セキュリティ対策 【必要条件】ウィルス定義ファイル等の自動更新が可能なセキュリティ対策ソフト
Windows 11標準添付のMicrosoft Defenderでも使用可能です。
なお,本学在学中は本学が包括契約するセキュリティソフトを入学後に無料でダウンロード可能です。
(Windows 10以降, macOS 11.7以降 対応)インストール方法

以下の項目は,ノートパソコンを準備する際の参考としてください。

項目 目安とする性能
重量
持ち運びが簡単な,軽量かつ薄型のモデルを選びましょう。
光学ドライブ無の場合: 1.3kg以下を推奨
光学ドライブ有の場合: 2.3kg以下を推奨
光学ドライブ = CD/DVD/BDドライブのことです。 外付けの光学ドライブを購入すれば,ディスクを読み込むことができますので,日頃の持ち運びのことを考慮すれば,光学ドライブ無を推奨します。
CPU
パソコンの動作速度に大きく影響します。
動作クロック 1.6GHz 以上のものを推奨
例として,Intel社のCPUであれば,以下に示すように性能が上がります。
※ 具体的な性能は,世代や型番によって異なるため,あくまでも目安であることをご理解ください。
 Atom < Celeron < Core i3 ≒ Core M < Core i5 < Core i7 < Core i9
メモリ
メモリ容量は多い方が,一度にたくさんのアプリを起動して作業ができます。
8GB 以上を推奨
種類によっては,16GB程度までメモリを増設できるものもありますが,薄型の場合は増設が困難な場合もあります。
Web会議システムをPCで利用する場合,8GB 以上が目安と言われています。
ストレージ
データの保存場所です。
SSD(ソリッドステートドライブ;回転機構なし):256GB以上を推奨
SSDはHDDとくらべて高速で消費電力も低いです。
外部出力端子
授業中にプレゼンをするときなどに,プロジェクタなどの外部モニタに接続する際に必要となります。
VGA (D-SUB, RGB) または HDMI を推奨
VGAやHDMI以外の外部出力端子(Micro HDMI / USB Type-C / Thunderbolt3 等)のみが標準装備されている端末は,大学のモニタへ出力を行う際に,別売されている変換コネクタが必須となるのでご用意ください。
マイク,カメラ,スピーカー
Web会議システムを利用した授業やゼミに利用する際に必要となります。
内蔵されているモデルを推奨
インターネットを活用した授業をはじめ,学生生活を過ごす上で,「Zoom」や「Meet」といったWeb会議システムを活用する際,円滑な議論を行うために,最低限マイク・カメラ・スピーカーが内蔵されているものを推奨します。 高性能(高画質・高音質)を希望される場合は,別途の入手を検討して下さい。

※ この表に記載している性能はあくまでも推奨であり,必ず記載された性能を要求するものではありません。 しかしながら,今後の大学生活を送る上で,授業やゼミの演習,課外活動で利用することを考えた時に,いずれも必要となってくる性能であることにご注意ください。

各専攻・コースからの留意事項

専攻・コースによっては、「ノートパソコンの必要条件」以外に下表の留意事項があります。
表に記載がない専攻・コースは、「ノートパソコンの必要条件」を満たすパソコンをご準備ください。

課程 専攻・コース 留意事項
学校教育教員養成課程 特別支援教育専攻 Windows PC を推奨します。

小中教育専攻
 英語教育コース
中等教育専攻
 英語教育コース

1)ソフトの互換性や実習校で多く使われているなどの理由から、MacパソコンではなくWindowsパソコンを推奨する。 2)バッテリーが10時間以上もつ機種を推奨する。 そして念のため、講義には予備のバッテリーあるいは、モバイルバッテリーを持参することを推奨する。 3)音声出入力端子を備えている機種を推奨する。

小中教育専攻
 社会科教育コース
中等教育専攻
 社会科教育コース

Windows PCを推奨します。
小中教育専攻
 数学教育コース
中等教育専攻
 数学教育コース
Windows PC を推奨します。 また、大学の推奨する必要スペック以上の処理能力とストレージ容量を有するパソコンを用意してください。
小中教育専攻
 保健体育コース
中等教育専攻
 保健体育コース
Windows PCを推奨します。
中等教育専攻
 技術教育コース
グラフを含んだレポート作成,プログラム作成・コンパイルや CAD ソフトを利用しますので,画面が大きく(画面サイズ:12インチ 以上,且つ解像度:1440 x 900ピクセル 以上),ある程度高速(プロセッサ:Core i3~i5 相当以上)で,メモリが十分(8~16GB以上)のノートパソコンを推奨します。 また,HDMI端子でノートパソコンの画面を外部出力できることが必要です。 本体にHDMI端子がない場合には,HDMI端子で出力できるように,外部出力端子からHDMIへの変換器をご用意ください。
養護教諭養成課程 Windows を基本に授業を実施します。 MacOSを使用する場合は、自身で運用・活用方法を習得しておいてください。 HDMI端子がついていることが望ましい。 ついていない場合はHDMI変換器を用意してください。
教育協働学科 健康安全科学専攻 Windows PC を推奨します。 大学の推奨する必要スペック以上の処理能力とストレージ容量を有するPCを用意してください。
理数情報専攻 必要スペック以上の処理能力とストレージ容量を有するパソコンを用意してください。 また、理数情報専攻では Windows を基本として授業を実施します。 macOS の端末を準備する場合、演習等で Windows と異なる演習環境となり、アプリのインストール等、細かなPC運用を自己責任で実施できるスキルを入学時点から求めることになりますので、PC活用・運用に自信がない方は、macOS の端末を大学用の必携端末として選択することは避けるようにしてください。
グローバル教育専攻 英語コミュニケーションコースプレゼンテーション用に、HDMI端子がついていることが望ましい。
芸術表現専攻
 美術表現コース
グラフィック制作や映像編集等の演習課題に対応するためには,16GB以上のメモリ,512GB以上のSSDストレージを推奨します。

ノートパソコン必携に関して,よくあるご質問

Q1. すでにPCを持っているが,新しいものを購入したほうがいいですか?
「必要条件」を満たすPCを既にお持ちの場合は,新たに購入する必要はありません。
Q2. WindowsとMacはどちらを購入すればよいですか?
「必要条件」を満たすPCをご準備いただければ結構です。
自分が活用できると考える物を準備してください。
ただし,専攻・コースによって指定がある場合があります。 詳しくは入学手続関係書類に同封の「ノートパソコン必携のご案内」をご参照ください。
【各専攻・コースからの留意事項】

Q3. iPadなどのタブレットではダメですか?
iPadなどのタブレットは「必要条件」を満たしません。 WindowsまたはMacを準備してください。

Q4. タブレット内蔵のソフトウェアキーボードでもよいですか?
ハードウェアキーボードのPCをご準備下さい。

Q5. Chromebookが安価で使いやすいと聞きました。 それではダメですか?
ChromebookはほとんどのサービスをGoogle社のクラウドサービスを利用するため,パソコンにインストールして利用する,いわゆる「デスクトップアプリ」が利用できません。 本学として,Microsoft社のOffice製品を入学した方が利用できる環境を準備しており,課題等の提出についてもOffice製品をベースに実施することを想定しています。 そのため,WindowsまたはMacを準備していただくようお願いします。

Q6. すでにPCを持っているため入学時にはPCを買わないつもりですが,入学後に大学生協のオリジナルパソコンが欲しくなった時には購入できますか?
入学後に購入可能かどうかについては,大阪教育大学生協へお問い合わせ下さい。
大阪教育大学生協のホームページへ

Q7. すでにPCを持っているのですが,OSはそのままでも大丈夫ですか?
サポート期間中のOSであれば,ご利用いただいても大丈夫です。 ただし,サポート期間が切れる前にアップグレードをご自分で施すように願います。
  なお,Windows 10のサポートが2025年10月14日に終了予定なので,Windows 11にアップグレードすることを推奨します。
  ※ 参考:Windows 10 21H2 ・・・ 2023/6/13 サポート終了

Q8. ウィルス対策ソフトが無料提供とありますが,それらのインストールは難しいですか?
インストール手順は下記のダウンロードサイトに記載します。
セキュリティ対策ソフト(Apex One)のダウンロードページ(無料)(入学後,キャンパス内からアクセスしてください)

Q9. 大学でWi-Fi(無線LAN)が使用できる場所はどこですか?
「無線LAN」(入学後,キャンパス内からアクセスしてください。 学内からのみ閲覧可能です)のページを参照して下さい。

Q10. 自宅や学内のインターネットを利用するための,パソコンの設定方法がよく分かりません。
ご自宅のインターネット環境の設定については,契約しているプロバイダ業者等にお問い合わせください。
学内Wi-Fi(無線LAN)の利用については,「無線LAN」(入学後,キャンパス内からアクセスしてください。 学内からのみ閲覧可能です)のページを参照して下さい。

Q11. パソコンで困ったときに対応してくれるのですか?
大学が提供しているサービスに関しては,ICT教育支援ルームにご相談下さい。
大学生協オリジナルPCを購入されている場合は,大阪教育大学大学生協にお問い合わせ下さい。
大学生協以外で購入したパソコンの故障等については、お買い求めになったところへご相談下さい。

Q12. 授業でPCを使用するPCを忘れてしまいました。 どうすればよいですか?
原則として,特別な対応はいたしかねますので,必ず持参して下さい。