ビタミン


ビタミンとは、微量でタンパク質や糖質、脂質などの代謝調節に関与する必須栄養素である。

ビタミンは体内でほとんど合成されないため、食品から摂取する必要がある 。

 


< ビタミンの種類>


ビタミンには水溶性ビタミン9種類と脂溶性ビタミン4種類がある。

水溶性ビタミン ・・・・・水に溶けやすいビタミンで、ビタミンB群(ビタミンB1、B2、ナイアシン、B6、B12,葉酸、

ビオチン、 パントテン酸 )とビタミンCがある。

 

脂溶性ビタミン ・・・・・ビタミンA、D、E、Kの4種類で、水に溶けにくく、油脂や脂肪に溶けやすいビタミン。

 


< ビタミンの安定性>


ビタミンは酸素、光、熱によって分解されやすいものが多い。

酸化されやすいビタミンは脂溶性ビタミン、水溶性ビタミンのビタミンB2、B6,葉酸、ビタミンC。

またビタミンKとナイアシンを除いたすべてのビタミンは熱に弱い。

 

 

 

空気(酸素)

アルカリ

ビタミンA

×

×

×

 

 

ビタミンD

×

 

 

 

 

ビタミンE

×

×

×

 

 

ビタミンK

×

 

 

×

×

ビタミンB1

 

×

×

 

×

ビタミンB2

×

 

 

 

 

ビタミンB6

×

 

×

 

×

ビタミンB12

×

 

×

×

×

ナイアシン

 

 

 

 

 

パントテン酸

 

×

 

×

×

葉酸

 

×

×

 

 

ビオチン

 

 

 

 

 

ビタミンC

×

×

×

 

 

×:不安定


< 各種ビタミンの給源>


 脂溶性ビタミン

給源

ビタミンA

レバー・うなぎ・卵黄・バターなど

プロビタミンA

緑黄色野菜・藻類(のり・わかめ)など

ビタミンD

卵黄・魚類(青み魚)など

プロビタミンD

きのこ類

ビタミンE

植物油・マーガリン・アーモンドなど

ビタミンK

藻類(のり・わかめ)・納豆など

水溶性ビタミン

 

ビタミンB1

穀類・大豆・レバー・豚肉・ゴマなど

ビタミンB2

レバー・アーモンド・うなぎ・卵黄など

ビタミンB6

レバー・肉類・大豆・魚介類など

パントテン酸

レバー・魚介類など

ビタミンB12

レバー・魚介類・肉類など

 ビオチン

レバー・肉類・卵類など

 ビタミンC

野菜・果物など

 

ビタミン(栄養素)へ